「起業したいけど、何から始めていいのかわからない」まずは、これから始めてみよう

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、横井です!

 

自由になるために、起業が必要ということはわかった。

しかし、起業したい気持ちはあるけど、実際に何から始めていいのかわからないと迷う時があります。

 

「これで起業したい」と決まっていたとしても、それが上手くいくかどうかはわかりません。

不安な気持ちがあるので、一歩が踏み出せない人も多いでしょう。

 

僕も起業を考えた時、何から始めていいのかわからなかったです。

考えた抜いた結果、BARを経営したと思ったのですが、今度は何から始めていいのかわからない。。

 

その繰り返しでした。

 

では、26歳の時に僕はなぜ起業ができたのか?

僕が起業を考えてから、実際に起業したまでをお伝えしていきますね。

 

真剣に考える

まずは、自分の中の考えを整理するところから始めてみましょう。

 

自分は何がしたいのか?

 

「好きなことじゃないけど、稼げるから起業する」そんな人もいるでしょう

が、最初は本当に稼げるかどうかなどわかりませんよね。

 

ビジネス経験があれば、稼げるからやるということもできるでしょうが。。

 

稼げるけど、辛い

稼げないけど、楽しい

 

あなたはどちらがいいですか?

 

僕は後者なのですよね。

稼げないと言っても、最低限は稼げないと成り立ちませんが。。

 

自由を目指して起業をするわけですから、楽しくないと続きません。

 

ですので、まずはあなたが正直になって「自分は何をしたいのか?」「何が楽しいのか?」考えてみましょうよ。

極論は、「どんな自分になりたいのか?」になってきます。

 

ポイントは、正直になれってことです。

 

これできるかな?

こんなの無理だよ。。

 

「これは稼げる」がわからないように、「これは稼げないかも」そんなことも、最初はわからないのです。

 

自分の考えなんて、最初は何となくなのですから。

 

これは稼げると、始めても失敗はするし。

これは無理だと思っても、成功はするのです。

 

だって、実際にまだやってないのですから、できるかできないかはわからないのです。

 

僕は19歳の時に起業したい、自由になりたいと思いました。

そして、自分の中で考えて、答えを出したのです。

 

自分で考えることに集中できたのは、話す人がいなかったので自分で考えるしかなかったのです^^;

孤独でしたが、今思うといい環境だったなと思いますよ。

 

周りに伝える

自分がやりたい事が見えてきたら、勇気を持って周りに話してみましょう。

 

家族や友達のように、近ければ近い人ほど反対はされますので。

その覚悟はしていてください。

 

反対されると思っていたら、コワくないでしょ?

 

僕も大学の友達に「将来BARとモデルをしたい」そう伝えましたが、「そんなも無理だよ!」「やめとけって!」そう反対されたものです。

めげずに目指せたのは、反対されればされるほど燃えてくる、当時は負けず嫌いの性格だったからでしょうが。

 

せっかく自分のやりたいことが見えてきたのに、反対されればやはり気持ちは下がるもの。。

 

やる気を下げないためにも、あなたの周りに自分のやりたいことを実現している人に話しましょう。

そういう人に話せば、きっと応援してくれます。

 

僕も自分のやりたい事を実現してきているので、やりたい事を探してもがいている人の気持ちは痛い程にわかります。

そんな人が見つけた道を反対することはしません。

 

もし周りに反対されてやめてしまうようなら、本当にやりたかったものではないのかもしれませんね。

反対される時こそ、自分が試される時なのです。

 

周りに伝えれば、多くの人に反対されるでしょう。

 

その中にもきっと応援してくれる人は現れるのです。

世の中捨てたもんじゃないですから。

 

僕も話していると。実際にBARを紹介してくれたり、BARの経営者に会わせてもらたりしましたので。

そこからまたチャンスが生まれるのです。

 

実際にやってみる

考えて、行動していれば必ずチャンスは巡ってくるもの。

活かすか殺すかは、あなた次第なのです。

 

よく「チャンスの神様は前髪しかない」と言われますよね。

 

チャンスだと思って飛びつけば、掴むことができます。

しかし、後回しにして掴もうと思っても、神様が通り過ぎてしまった後では前髪しかないので掴むことができません。

 

せっかくのチャンスでも何もしなければ、すぐに掴まなければ二度とやってこないかもしれないのです。

 

いつか来ると思っていても、時間だけが過ぎていきますから。

 

騙されたと思って、やってみればいいのです。

 

僕は実際に騙された?いや、そうは言いたくないな。。

いい経験させてもらいました。

 

BARで働けるチャンスだと思って飛び込んだら、とんでもないブラック企業でしたから。。

 

その辺の話に興味があれば、僕のプロフィールからどうぞ。

ブラック企業の日々

 

その時は本当に大変でしたが、この経験がなければ自分でBARを始めることはなかった。当然、今の自分はなかったですからね。

 

チャンスだと思って飛び込んだことは、後悔しないでしょうし、無駄な経験にはならないのです。

 

何もしないことが一番後悔するし、何の学びもありませんからね。

 

できると確信をもつ

やってみると意外とできるものだと気づきます。

それがあなたの自信にもなるのです。

 

もちろん、勤めているからこそできることもあって、自分でやってみたら違うことも多いでしょう。

 

ただ、自分でもできることに気づいただけでも、大きな進歩なのです。

 

頭の中で考えていた時よりも、現実味がありますし、自分の夢に近づいていますよね?

 

僕もブラック企業で働いていたので、まともに経営すれば自分にもできると確信が持てました。

これ以上の過酷な労働環境はない、これからどんな大変な事も乗り越えていけると。

 

後はやるだけ

その後、地元に戻り念願のBARをオープンさせたのです。

 

やると決めたら、自分が起業するために必要なことだけをしていけばいいのです。

 

  • お金が必要なら、貯めればいい。
  • 勉強が必要な、学べばいい。
  • 人脈が必要なら、作ればいい。

 

あなたにとって必要なものは何かな?

それは、本当に必要なの??

 

まとめ

いきなり夢や目標を達成することはなく、結局は一歩一歩近づいていくしかないですからね。

 

起業するのに制限はないのです。

特に気にするのが、年齢でしょう。

 

20代で起業したって、失敗する人も成功する人もいる。

30代でも同じなのです。

 

あなたにとって必ず最適なタイミングが来ますので、そこで飛び込めるかどうかなのです。

 

焦らないでください。

危機感を持ってください。

 

目の前のことに集中して、起業のチャンスを待ちましょう!

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です