「自由に生きたい!」海外に行って強く感じること

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、横井です!

 

僕が自由に憧れたきっかけを与えてくれたのが、海外旅行なのです。

 

海外旅行に行くと、何となく自由になれた気がしませんか?

自分が誰であってもいい、常に新鮮さがある、開放的になる、それらが海外旅行の魅力かもしれません。

 

僕が海外にハマったのが、大学卒業間近のロサンゼルス旅行

この時期は、校内に友達がいなかったので…1人卒業旅行に(笑)

 

そして、初の1人旅という自分にとってのチャレンジ。

 

このチャレンジは本当にして良かったな。

ここで行っていなかったら、今の自分はないと思える人生の分岐点です。

 

サンタモニカビーチの夕日が今でも忘れられません。

 

ここの景色は一生忘れない、自由に行きて必ずまたここに戻ってくる!

そんな決意を胸に刻みました。

 

僕も海外旅行の魅力に取り憑かれ、現在では年に3回〜は旅立ってしまいます。

 

海外に行くと毎回思うのが、海外に住んでいる人は自由に生きている、逆になぜ日本人は不自由になのかなと考えさせられます。

 

多分、向こうの人にとっては当たり前にやっていることなのでしょうが。

 

海外旅行で学んだ、日本にはない海外の自由さを感じた経験伝えていきたいと思います。

 

警察官がサボっている

オーストラリアに旅行に行った時のこと。

僕の旅行スタイルはカファでゆっくり過ごす時間を大事にしています。

 

もちろん、観光も好きなのでベタな観光地も一通り回りますが、カフェでの時間は必ず取るようにしています。

 

いつものようにカフェテラスでゆっくりしていると、制服を着た警察官が5~6人店内にドカドカと入ってくるのです。

 

「事件か!?」「海外こえ〜よ。。」そう思いの中、怖いもの見たさの好奇心。

 

警察官の動きを追っていると、何やらレジに集まっているのです。

 

「なるほど、事件はレジで起きている!」

 

引き続き様子を見ていると・・・

 

一般のお客さん同様に注文して、そのまま着席。

コーヒーを飲みながら、タバコを吸い始めたです。

 

「警察官が制服で普通に休憩していた。」

衝撃。。。

 

日本じゃありえないですよね。

こんなのすぐに問題になるでしょう。。

 

でも、良く考えてみれば警察官だって人間。

疲れますし、せっかくの休憩なので、本当はカフェで休もうが何の問題はないわけです。

 

きっと当たり前の光景なのでしょう。

警察官が数人で店内に入ってきても、店のスタッフやお客さんは誰も驚かないですもん。

 

驚いているのは僕だけ。

つまり、僕の価値観はここでは非常識だったのです。

 

 

日本人って本当に真面目だなと思います。

それが日本の良さでもあるし、発展に繋がったことは間違いないので、否定もできません。

 

日本に鬱や自殺が多いのも真面目故の反動だったり、責任感の強さからきていると言われています。

 

もっと、海外の自由なスタンスも見習う必要があるなと感じますよね。

 

また飲んでるよ

海外は歩いているだけでも楽しいので、必要以上に歩いてしまいます。

歩いていると、ツアーのようなバスでみんなで移動する旅行では気づかない街の様子を見ることができます。

 

ヨーロッパは日本と違い街中にカフェやバルが多く存在します。

 

その横を通ってみると、平日の昼間っからみんな飲んでいるのですよね。

 

「この人たちは仕事してんのか!?」と思いますが、そんなことは誰にもわかりません。

その見知らぬ外人がニートだろうが、何だろうが僕には知ったこちゃないのですが、共通していることは

 

みんな楽しそう!!

 

でも、これが全てですよね。

きっとこの中には仕事中にサボって飲んでいる人もいるでしょう。

 

でもね、楽しそうなんだもん。

最高じゃないですか!

 

なんかこういう文化は好きだなと純粋に感じます。

 

もう閉めたのかよ

海外の人達は日本人と違って、残業という概念がないようですね。

 

もし残業するようなことになれば、そいつは仕事ができない(仕事が遅いから残っている)と思われるようで、残業はマイナスでしかないのです。

 

海外でちょっと時間を外して店に入ろうと思うと、もう閉まってたりするの。

 

「もうちょっと開けておいてよ〜」と僕は思いながらも、店の人からしてみれば関係ないですからね。

さっさと仕事を終えて、遊びに出かけたいんだから!って感じなのかな。

 

プライベートに仕事を持ち込まず、仕事は仕事、遊びは遊びとメリハリがしっかりしているのです。

仕事も遊ぶための手段なのでしょうね。

 

非常に共感できます。

仕事ばかりしてられないぜ、遊びも楽しいんだから!(笑)

 

休み過ぎ!?

休みの取り方が僕はすごく大好きです。

もし、僕がサラリーマンだったらこの休み方を推奨したいですね。

 

海外の友達に聞いたのですが、年内に1ヶ月以上の長期休暇が取れる会社もあるようです。

 

長期休暇中は給料が出ないようですが、給料がなくてもこれだけ休めるのはいいですよね。

 

長期休暇が終われば、会社に元通りできるわけですから。

 

日本で長期休暇を取ろうと思ったら、退社を考えます。

連休もお盆やGWなど、国民の休みの時しか取れないのですからね。

 

この時期はみんな休みですから、どこに行っても人が多いし、何よりも高い。

絶対旅行には行きたくないシーズンです、僕はこういう時こそ働こうと思っていますね。
自由に生きていると、働きたい時に働ける利点もあります。

 

サラリーマンは休まされますからね。

「みんな休みも一緒」こういう所もなんだか日本人っぽいですよね。

 

まとめ

「自由に生きたい = 海外旅行が好き」

そんな方も多いのでは?

 

僕もその一人で、海外に行きたい時に行きたいので自由を目指した理由の一つです。

 

ぜひね、海外旅行にも行ける時に行って、日本との違いや自由な世界を味わってきてほしいなと思います。

きっとまた海外に行きたいなと思うでしょうし、その度に自由になりたいと思うはずです。

 

日本の常識は、海外の非常識

自分の常識は、世界の非常識

 

きっと間違った常識の方が多いんですから、もっと客観的に自由な発想を持つと世界が変わります。

 

そもそも常識って誰かが勝手に作ったもんなんだから、まずは常識を疑うことから始めてみましょうよ!

終わりに

「何から始めていいのかわからない。。」

まずは無料動画で
起業の勉強から始めてみましょう。

独学で起業して行き詰まったぼくが
学ぶことによって、飛躍した話を記事にしています。

詳しくは下記の漫画をクリック↓

↑詳しくはコチラからどうぞ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です