寺田高士から学ぶ自由な生き方

こんにちは、横井です!

 

僕にはコンサルティングやメンターでないけど、いつも学ばせていただいている方がいます。

 

本人は全く教えているつもりはないでしょうね。。

僕は勝手になついて、会いに行っているだけですから^^;

 

他人に興味のない僕が、これだけなついていることは珍しいのです。

自分でもビックリ。。

 

自由な生き方をされていて、憧れます。

そんな人物とは、一体何者なのか?

 

寺田高士とは?

寺田高士さんは地元の大先輩で、現在は木工作家として活躍されてる作家さんです。

 

特殊メイクの世界で活躍され、その後はスペインで絵画を描かれていました。

 

日本に帰国されてから「木」に出会い、オブジェモビールアクセサリーなどを手がけています。

→寺田高士さんのブログはこちら

 

 

そんな寺田高士さんが個展を開催するようなものなら、僕は毎日でも通ってしまいます^^

個展に通うって、あまりないですよね(笑)

 

寺田高士さんの作品は全て下書きが無く、インスピレーションで作る1点物です。

同じ作品は二度と作れません。

 

もし誰かが購入すれば、観ることはできなくなってしまうのです。

 

さすがに毎回は作品も購入できないのですが、後悔しないように

 

横井
この作品は欲しい!!!

 

そう思った時には、購入させていただきます。

 

1週間ぐらいの個展期間、当然展示されている作品は変わりません。

それでも作品を何度でも観たいですし、寺田高士さんのお話を聞きたいのです。

 

 

買わないのに来るわけですから、普通は迷惑な話ですよね。。
(先輩、すいません。。。)

 

そんな僕にも、寺田高士さんは優しく対応しくれるのです。

 

出会い

「タクミくん、兄ちゃんが個展やるから行ってやってよ〜」

寺田高士さんの弟さんからのお誘いでした。

 

横井
はい、わかりました!

 

弟さんも地元の大先輩。

先輩は絶対なのです。

 

くぅーちゃん
いつの時代だよ

 

もちろん、もう大人ですしそんな関係ではなりません^^

 

中学の頃は上下関係が厳しく、先輩には逆らえないというか、とにかく怖かったです(泣)

その頃の教えが今だにトラウマなのか、今だに上下関係には厳しくなっています。

 

2歳年上の先輩が怖かったので、それよりもかなり年上の先輩って。

もう僕にとっては、雲の上のような存在ですからね。。

 

そんな大先輩に会いに行くわけですから、緊張しないわけがない。

 

 

翌日、寺田高士さんの個展へと出向いたのです。

 

会場に到着してみる

 

横井
カッコいい!!!!

 

そこには、一際若い作家さんがいたのです。

 

それが、僕と寺田高士さんとの出会いなります。

 

 

「弟から話は聞いてるよ!」

物腰が柔らかく、めちゃくちゃ優しい方。

 

「大先輩のお兄様」ということでどんな先輩かと緊張していましたが、何とも素敵な。。

 

それから寺田高士さんファンになり、一方的になつくようになりました(笑)

 

作品も大好きなのですが、やはり「寺田高士」という人間に魅力があります。お話しも貴重で、いつも沢山のことを学ばせてもらっているのです。

本を何冊読むより、寺田高士さんの話を聞いている方が、僕には何倍も勉強になりますね。

 

ちなみに僕が初め購入させていただいたのが、こちらのネックレス。

 

どのデザインとも被りません。

 

知人A
どこで買ったの?

知人B
珍しいネックレスだね

周りから注目されます

僕の自慢の1点なのですよ。

 

自由な生き方

寺田高士さんは高校卒業から芸術の世界に入り、現在も活動されています。

なぜ、自分の好きなことをして自由に生きていけるのでしょうか?

 

自分に正直に生きろ

寺田高士さんの実力があれば、稼げる仕事はいくらでもあるでしょうし、人に教えることだってできます。

 

しかし、寺田高士さんはお金や名誉のための仕事は絶対にしないのです。

自分が作りたくないモノやコトには、興味を示さないのです。

 

普通、「これだけお金を払う!」そう言われば欲に負けそうにもなります。

僕も「稼げる」「成功する」そんなおいしい話があったら、乗っていた頃がありましたからね。

 

結果は、ブレブレで全く成果が出なかったですから。。

 

 

寺田高士さんはしっかりした「芯」がありますので、絶対にブレないのです。

もう何年もの付き合いになりますが、お話されていることにも常に一貫性がありますよ。

 

自分に嘘をつかず、正直に生きているのです。

そういう生き方ってカッコいいですよね。

 

見えない部分もプロでありたい

例えば、映画を観ていても、ストーリーと共に目に入る情報(色、形、表情)しか意識して観ませんよね。

 

「裏側はどうなっている?」そんなことを考えて観ている人は少ないでしょう。

よっぽど裏側に興味があるか、実際にその世界に関わっている人ぐらいですよね。

 

見えない裏側まで拘れば、それだけ時間もコストもかかります。

コストを抑えるために、裏側はハリボテのように作る時もあるようです。

 

観ている方からしてみれば、わかりませんからね。

 

しかし、寺田高士さんの作品は裏の裏側まで徹底しているのです。

 

 

「見えない部分まで手を抜かない、拘るのがプロ」

そんなお話をいただいたことがあります。

 

 

僕のモデルの仕事も同じです。

 

テレビや広告を見ていても、僕の表面しか伝わりません。

しかし、見えないからと言って手を抜いていたらでしょうか?

 

きっと良い作品は生まれないですよね。

僕の考え方や、取り組む姿勢が作品に現れるのです。

 

違うことをしよう

僕が現状に飽きていた頃、相談したことがあります。

何だか新鮮さがなくなっていたのです。

 

寺田高士さんから

 

「1日1つ違うことをしてみなよ」

そうアドバイスをいただきました。

 

先輩の教えに従って、何でもいいので1日1つ違うことをすると意識してみました。

利益や正解なども気にしないようにしたのです。

 

  • 同じ道を歩くのではなく、違う道を歩いてみる
  • いつも頼まないメニューを注文する
  • 普段買わないデザインの物を買う
  • 迷ったらいつもとは違う選択をする

 

ほんのちょっとしたことなのだが、意識してみると面白いもの。

 

世の中には自分の知らないこと、気づかないことの方が多いのです。

意外のことが面白かったりして、新しい発見がある。

 

このことは今でも意識して、毎日実行するようにしています。

 

実は・・・

僕のブログに度々登場してくる、くぅーちゃんも寺田高士さんの作品がモデルだったのです。

 

鋭いツッコミのこの子ね。

 

スクウプというシリーズで、色々な木を使用されていて何体も存在します。

そんなスクウプから、くぅーちゃんは生まれたのです。

 

スクウプ…クウ…くぅ…くぅーちゃん!

くぅーちゃん
安易だな

 

スクウプも人気のシリーズですので、現在はみんな旅立ってしまっているのです。

 

僕もお気に入りで1体購入させていただきました。

購入して良かった。。

 

スクウプはスプーンとしての役割がありますので、いつかカレーを食べてみたいですが。。

 

くぅーちゃん
絶対、やめろ!!!

 

まとめ

あなたも周りにもきっと自由に生きている人(我が道を進んでいる)はいます。

「私は出会ってない。。」そう思う時は、まだ気づいていないだけなのです。

 

僕は本やセミナーでは学べないことを寺田高士さんから学んでいます。

出会えたことに感謝です。

 

自分も更に成長して、寺田高士さんに恩返ししていきたい。

 

こういう思いも、自由へのモチベーションになります。

 

まだまだ作品だって購入したいし、いつでも会いにいきたいしね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です