【第1話】モデルとブラック企業を経験したからこそ伝えられること

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

「起きたら隣に寝ていた同僚がいない…夜逃げだった。。」

 

そんな経験が

あなたにはあるだろうか?

 

タクミとは?

こんにちは、タクミです!

 

急に何事かと思いましたよね?

 

広告のキャッチコピーのような冒頭で

すいません(笑)

 

これからぼくのプロフィールを紹介する前に

 

現在の活動内容と

これまでの経歴について書いていきますね。

 

タイトル通り

現在はモデル兼BARのオーナーとして

 

活動しています。 

 

・モデル業17年

・BAR10年経営

・ブログ4年

 

自由な生き方ができていますし

 

趣味である海外旅行にも

年に3回は出かけられるようになりました。

 

ただ、ここまで来るのには

それなりに苦労がありまして…。

 

  • モデル事務所に所属するが、最初の仕事はティッシュ配り
  • ブラック企業に勤務
  • 1年間、給料・休み無し
  • 夜逃げの現場に遭遇する
  • 店のソファーがベッド代わり
  • 祖父の死
  • 母親との確執etc…

 

 

ぼくがこのブログを書き始めたきっかけは

 

自分のように苦しんでいる立場の人の役に立ちたい

そんな思いがあったのです。

 

傲慢かもしれませんが

 

自分と同じように

苦しんでいる人たちにとって

 

自信になるように

ぼくのプロフィールを書かせていただきますね。

 

ぼくの全てを赤裸々に語っています。

覚悟して読んでください。

 

それでは、恥ずかしいですが…

 

超絶チャラかった

ぼくの学生時代から紹介していきます(笑)

 

 

自由を求めた大学生

(右)15年前のタクミです。

 

若かったので

許してくださいね^^;

 

高校までは

地元の静岡で過ごし

 

大学進学を機に名古屋へ。

 

大学生活は、適当に学校に行って

バイトと遊びの繰り返し。

 

どこにでもいるような

普通の大学生でした。

 

大学3年生になると

 

「早めに就職活動しなきゃな」

「あいつは自営業だからいいよなー」

 

話題は徐々に就職に。

 

今まで一緒に遊んでいた仲間達も

段々と付き合いが悪くなってくる。

 

周りと同じように就職活動し

社会に出るのか。。

 

  • やりたくない仕事に追われる 
  • 朝から晩まで働く 
  • 楽しみは週末だけ 
  • 給料はいつまでたっても上がらない 
  • いつリストラされるかわからない 
  • 不安な毎日 
  • お客さんにペコペコする 
  • つまらない上司の話を聞く


(当時のサラリーマンへのイメージ)

 

タクミ
クソつまんねー!!

本気で思っていました。

 

タクミ
おいおい、ちょっと待てよ!!

 

タクミ
そんな生活を一生するの??

 

就職したら終わり

 

ぼくは必死に就職という選択から

逃げまくったのです。

 

 

絶対に自由に生きると決めた。

 

 

だが

 

お金もない、人脈もない、やりたいこともない

 

就職する選択肢がなかったので

時間だけはあった。

 

何かヒントはないかと

 

成功哲学自己啓発と呼ばれている本を

とにかく読みまくった。

 

しかし

 

 

夢は膨らむが行動できない。

 

 

頭でっかちになっていた自分は

 

タクミ
おれはあいつらとは違う!

 

どこかで見下し

いつしか友達とは疎遠になってしまった。

 

どうしていいのかわからない。

 

刻々と卒業に向かって

時間は進んでいったのです。

 

 

平凡な大学生がモデルになった

ある日

 

校内で一際目立つ

美女からの一言が人生を変えた。

 

 

奥様
モデルやってみない?事務所を紹介するよ

 

 

モデルなんて

テレビや雑誌の中だけだと思っていた。

 

特にやりたいこともなかったので

軽い気持ちでやってみることにしたのです。

 

モデルとしての日々は

今までの生活が嘘のように充実した。

 

学生では、考えられない給料をいただき

周りからは

 

「カッコイイです!」

「スゴイねー」

 

チヤホヤもされた。 

 

周りから見れば

確かに華やかな世界かもしれない。

 

「卒業後は東京に行って、芸能人になろうかな!」

そんな、妄想も膨らんでいた。

 

 

だが、こんな生活がいつまで続くのか??

 

 

東京に出た先輩達は

バイトと掛け持ちの生活を続け

 

いつまで経っても

メディアで見かけることはなかった。

 

もちろん

 

どこで売れるかわからない

一発逆転もある世界だ。

 

そんなチャンスを何年

何十年も待つ続けるのか?

 

ぼくにはできなかった。

 

 

また将来に対する不安に襲われた。

 

周りは就職活動を終え

後は卒業を待つばかり。

 

ぼくは学業とモデルを両立するが

焦る日々。

 

 

タクミ
自由に生きたい!

 

 

その思いだけは揺るがなかった。

 

何かないのか。

 

・・・

 

・・・

 

ぼくに残された道は

起業しかなかった。

 

他で稼ぐことができれば

将来のことを気にせず

 

モデルを続けることができる。

 

一体何をする?

 

 

タクミ
BARを経営したい

 

 

当時は飲みにも

出ていたので

 

密かにBARへの

憧れがあったのです。

 

BAR経営をしながらモデルか…

 

なんか、めっちゃカッコイイじゃん。

(判断基準はカッコイイと思えるかどうか!この考えは、今でも変わらない)

 

 

再度、を見つけた。

明るい兆しが見えた瞬間だった。

 

大学卒業後には、地獄が

待っているとは知らず・・・

【第2話】夢を追った先は地獄だった

2019年10月3日

終わりに

「何から始めていいのかわからない。。」

まずは無料動画で
起業の勉強から始めてみましょう。

独学で起業して行き詰まったぼくが
学ぶことによって、飛躍した話を記事にしています。

詳しくは下記の漫画をクリック↓

↑詳しくはコチラからどうぞ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です