モデルとブラック企業を経験したからこそ伝えられること

「起きたら隣に寝ていた同僚がいない…夜逃げだった。。」

そんな経験があなたにはあるだろうか?

 

横井 匠とは?

こんにちは、横井 匠です!

 

急に何事かと思いましたよね?

広告のキャッチコピーのような冒頭で、すいません(笑)

 

これからぼくのプロフィールを紹介する前に、現在の活動内容とこれまでの経歴について書いていきますね。

 

タイトル通り、現在はモデル兼BARのオーナーとして活動しています。 

 

モデル業17年・BAR経営10年と順調にいっており、家族とも仲が良いです。

 

自由な生き方をできていると思いますし、趣味である海外旅行も年に3回は出かけられるようになりました。

 

ただ、ここまで来るのにはそれなりに苦労がありまして…。

 

  • モデルに事務所に所属するが、最初の仕事はティッシュ配り
  • ブラック企業に勤務
  • 1年間、給料・休み無し
  • 夜逃げの現場に遭遇する
  • 店のソファーがベッド代わり
  • 祖父の死
  • 母親との確執
  • etc…

 

ぼくがこのブログを書き始めたきっかけは、自分のように苦しんでいる立場の人の役に立てればという思いがあったのです。

 

傲慢かもしれませんが、自分と同じように苦しんでいる人たちにとって自信になるように、これからぼくのプロフィールを書かせていただきますね。

 

ぼくの全てを赤裸々に語っています。

覚悟して読んでください。

 

それでは、恥ずかしいですが…超絶チャラかったぼくの学生時代から紹介していきます(笑)

 

自由を求めた大学生

(右)15年前の横井です。

若かったので許してくださいね^^;

 

高校までは地元の静岡で過ごし、大学進学を機に名古屋へ。

 

大学生活は適当に学校に行って、バイトと遊びの繰り返し。

どこにでもいるような普通の大学生でした。

 

大学3年生になると「早めに就職活動しなきゃな」「あいつは自営業だからいいよなー」話題は徐々に就職に。

今まで一緒に遊んでいた仲間達も、段々と付き合いが悪くなってくる。

 

周りと同じように就職活動し、社会に出るのか。。

 

  • やりたくない仕事に追われる
  • 朝から晩まで働く
  • 楽しみは週末だけ
  • 給料はいつまでたっても上がらない
  • いつリストラされるかわからない
  • 不安な毎日
  • お客さんにペコペコする
  • つまらない上司の話を聞く

(当時のサラリーマンへのイメージ)

 

「クソつまんねー!!」と本気で思っていました。

 

「おいおい、ちょっと待てよ!!」

「自分はそんな生活を一生するの??」

就職したら終わり、ぼくは必死に就職という選択から逃げまくったのです。

 

絶対に自由に生きると決めた。

 

だが、お金もない人脈もないやりたいこともない

就職する選択肢がなかったので、時間だけはあった。

 

何かヒントはないかと成功哲学自己啓発と呼ばれている本をとにかく読みまくった。

しかし、夢は膨らむが行動できない。

 

頭でっかちになっていた自分は

 

「おれはあいつらとは違う!」

どこかで見下し、いつしか友達とは疎遠になってしまった。

 

どうしていいのかわからない。

刻々と卒業に向かって時間は進んでいったのです。

 

モデル人生のスタート

ある日、校内でも一際目立つ美女からの一言が人生を変えた。

 

「モデルやってみない?事務所を紹介するよ」

 

モデルなんて、テレビや雑誌の中だけだと思っていた。

特にやりたいこともなかったので、軽い気持ちでやってみることにしたのです。

 

モデルとしての日々は、今までの生活が嘘のように充実した。

学生では考えられない給料をいただき、周りからは「カッコイイです!」「スゴイねー」とチヤホヤもされた。 

 

周りから見れば、確かに華やかな世界かもしれない。

 

「卒業後は東京に行って、芸能人になろうかな!」

そんな、妄想も膨らんでいた。

 

 

だが、こんな生活がいつまで続くのか??

 

 

東京に出た先輩達はバイトと掛け持ちの生活を続け、いつまで経ってもメディアで見かけることはなかった。

 

もちろん、どこで売れるかわからない一発逆転もある世界だ。

そんなチャンスを何年、何十年も待つ続けるのか?

 

ぼくにはできなかった。

 

また将来に対する不安に襲われた。

 

周りは就職活動を終え、後は卒業を待つばかり。

ぼくは学業とモデルを両立するが、焦る日々。

 

「自由に生きたい!」

その思いだけは揺るがなかった。

 

何かないのか。

 

・・・

 

・・・

 

ぼくに残された道は、起業しかなかった。

他で稼ぐことができれば将来のことを気にせず、モデルを続けることができる。

 

では、一体何をする?

 

「BARを経営したい」

当時は飲みにも出ていたので、密かにBARへの憧れがあったのです。

 

BAR経営をしながら、モデルか…なんか、めっちゃカッコイイじゃん。

(判断基準はカッコイイと思えるかどうか!この考えは、今でも変わらない)

 

再度、を見つけた。

明るい兆しが見えた瞬間だった。

 

・・・

 

・・・

 

しかし

 

ここからが地獄の日々の始まりだった

大学卒業後に勤めたBARが超ブラック企業だった。

 

給料も休みもなし。

 

当然、アパートを借りるお金もないので、店のソファーでの寝泊まり。

漫画喫茶にもよくお世話になった。

 

毎朝、上司に叩き起こされ眠れない日々。

 

ある時、朝起きると隣で寝ているはずの同僚がいない。

 

夜逃げだった・・・。。

昨日まで「辛いけど頑張ろうな」と、励ましあっていたのに。

 

ぼくは逃げたくなかった、ここで逃げたら何も変わらないと思っていた。

(ただ、ぼくには逃げる勇気がなかっただけなのかもしれない。)

 

逃げることができたら、どれだけ楽になれるのだろうか。

奴隷のような日々だが、夢だけは失いたくなかった。

 

夢を持って必死に生きていると、女神が手を差し伸べてくれるのです。

 

当時の彼女が「私がアパートを借りるから一緒に住もう」と。

まさに、命の恩人とはこのことなのです。

 

よくこんな生活をしている自分と付き合ってくれたなと思います。

一生、頭が上がりません。。

 

彼女の支えもあって、ブラック企業は円満に退社。

 

全てから解放されたの瞬間だった。

これからは本当に自分のやりたいことだけをやって、自由に生きようと決めたのです。 

 

人生はやり直せる

26歳の時、地元の静岡に戻り念願のBARをオープンさせたのです。

 

とはいえ、お金・経験・人脈もないド素人が始めたBARです。

最初から経営が上手くいくわけがありません。

 

地元を離れていたので、声をかける友達もいなかったですし。

 

お店を知ってもらうために、雨の日も風の日もビラ配りを続けた。

オープンして1年、休みなく働きましたが苦ではなかった。

 

ぼくにとってはご飯が食べられる、布団で眠れる、仲間がいる、当たり前のことが幸せだったのです。

 

 

モデルとしても、現役で活動中。

CM、MV、カタログ、パンフレット、ブライダル、ショーモデル・・・沢山の経験をさせていただきました。

→モデルの活動歴はこちら


普段、TVでも見ている芸能人とも何度か共演しましたよ。

 

 

「BAR経営&モデル」

ぼくは夢を叶えた。

 

*ちなみに、女神様が今の奥様なのです。(なかなか良い話でしょ笑)

 

更なる葛藤から、ネットビジネスとの出会い

BAR経営も何年か経過すると、安定をしてきます。

お客さんとは仲間のような関係ですので、自分にとっても居心地の良い場所となっていました。

 

モデルもある程度の仕事をいただくことができています。

始めた頃のように「東京へ出て有名になりたい!」そのような夢はなくなり、地方のローカルモデルとして細々と活動していました。

 

もちろん、両方とも好きなこと。

 

楽しい日々でしたが昔のような刺激はなくなっていたのです。

 

それでも、モデル・飲食店経営とそれなりの成功はしたと思っていました。

ぼくには上司もメンターと言えるような人も周りにいないので、自分の立ち位置がわからなくなっていたのです。

 

そんな日々の中、ふと不安に襲われる瞬間があったのです。

 

  • 怪我をしたら、モデルの仕事ができなくなってしまう。
  • 海外旅行に行くなら、お店が閉めていかないといけない。
  • テナントビルがなくなったら困る。
  • スタッフが辞めたらどうなる。
  • このまま歳を取っていったらどうなるのか。
  • いつまで店に立ち続けるのか。

 

なぜ、こんなにも不安なのだろう?

 

ぼくには精神的自由が足りていなかったのです。

 

 

モデル/BAR経営 = 自由ではなかった

ぼくの目指したものは、本当の自由とはかけ離れていたのです。

 

それからも、何か満たされない日々が続きました。

 

もちろん幸せなのだが、何かが足りない。

やりたいことはやっているはずなのに。

 

正直、長年続けてきたので飽きもあったのかなと思います。

 

 

やはり、このような時にはきっかけが起こるもの。

 

 

ある時、BARのお客さんに声をかけられたのです。

 

客人
横井さん、ネットビジネスって知ってます?

横井
アムウェイでしょ?何を今更!?

客人
違いますよ、インターネットを活用したビジネスです

横井
???

客人
自動で販売する仕組みを作るので、不労所得になりますよ

横井
それだよ、それ!!

 

僕が自由を目指したきっかけも、不労所得を得て好きなことだけをやりたかったんだ。

 

それから、ぼくはネットビジネスを勉強し始めました。

 

その時に勉強したのが、今でのお世話になっている次世代起業家育成セミナーだったのです。

 

ネットビジネスというよりは、ネットを活用した起業に関して学べるオンラインセミナー。

 

ネットビジネスはもちろん、起業にも活かせます。

今から起業するとしたら、間違いなくこのセミナーで学んでから起業するでしょうね。

 

このセミナーに出会い、ぼくの起業家人生が全て覆されました。

(けっこう自信あったのになw)

10年の起業人生がわずか【14時間】で覆された話

2019年5月9日

 

今までのプライドを捨てて、一度リセット。

1から勉強し始めたのです。

 

 

インターネットに関しては、まるで無知でした。

ネットサーフィンをする程度の知識でしたので、わからないことだらけ。頭を掻きむしりながら勉強し、作業する毎日。

 

それでも新しい知識を得て実践し、結果が出ることが楽しかったのです。

何だか、BARを始めた頃のガムシャラな自分に戻れた気がします。

 

 

作業をしていると、ついにブログから収入が発生したのです。

 

「過去に書いた記事にアクセスが集まり、勝手に収入が発生している」

これって、不労所得じゃん!

 

初めて不労所得を得ることができた時の喜びは、大きかったです。

(昔は、お金を動かす・不動産・才能・ネットワークビジネスでしか不労所得にならないと教わっていたので。)

 

ネットビジネスを通じて学んだ知識や経験は、不労所得を得ることだけではなかったのです。

実業にも活かせることが多く、BARの発展にも繋がりました。

 

現在はモデル・BAR・ネットビジネスと3本の柱で取り組んでいます。

 

あなたに伝えたい事

現在では、毎日やりたいことをやって、同世代のサラリーマン以上の収入。

大好きな海外旅行にも年に数回行けるようになったのです。

 

大ファンのXJAPANのライブを観るためだけに、イギリスにも行ってきました。

 

ライブはもちろん、握手会サイン会にも参加できるという奇跡。

一生の思い出となりました。

 

イギリス旅行様子を動画にまとめてみましたので、興味があればご覧くださいね。

 

 

先日は母親と親子二人でイタリア旅行へ!

 

昔は沢山ケンカをして、仲が悪かった時期もありました。

母親と10日間も一緒に過ごすことは、高校生以来でしたので恥ずかしさもありましたが、良い思い出になったかなと。

「連れて行ってくれてありがとう、楽しかったよ」

この一言に涙が流れました。

 

少しは、家族にも貢献できるようになったかなと感じます。

 

ずっと、自分のためだけに生きてきましたからね。

周りのことを考える余裕はなかったのです。

 

 

以前は、人間関係に悩まされることもありました。

人の悩みの大半はお金や仕事でなはく、人間関係ですからね。

 

ぼくが起業したかったのも、お金や時間から解放されたかったこともあります。

しかし、やはり人間関係からも自由になりたかったのです。

 

お金と時間があれば、嫌な人とも付き合う必要がありませんからね。

 

今では嫌だなと思う人、気が合わない人とは一切付き合いません。

 

もちろん、それがお客さんだろうが関係ありませんよ。

もうお店にも来なくていいと思っています。

 

それが自分のため、他のお客さんのためでもあることがわかっていますので。

 

 

現在は、将来への不安や人間関係のストレスからは解放され、自分の人生を自由に選択できているなと感じています。

 

 

ただ、周りはどうなのか?

 

仕事に満足していない、やりたいことがない、将来が見えない、多くの仲間が不安を抱えている事に気がつきました。

 

そんな周りに対して、自分ができることはないのかと考えたのです。

 

ぼくの経験が少しは役に立つかもしれないと思い、BAR経営や17年のモデル経験から学んだことをブログにまとめ、自由に生きる方法をあなたに伝えていくことを決めたのです。 

 

たった一回の人生ですので、あなたには

 

「自分らしく、自由に生きてほしい」

そんな思いので、このブログを書いています。

 

何の取り柄もなかった自分でも、自由に人生を生きることができたのです。

あなたにもきっとできます。

 

このブログを通じて、あなたが自由に生きるきっかけになれば幸いです。

 

なぜブログを書き始めたのか!?

「現役モデルが教える、ブログで起業して自由に生きる方法」を書き始めた理由

2019年2月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です