ブログ記事の構成にはテンプレートを使おう

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、横井です!

 

記事の構成は、書き手によっても違ってきます。

構成に正解というものはないのですが、「書きやすい」「読みやすい」そう思えるテンプレートがあります。

 

記事は読者に価値を与えるために書きますよね?

 

極論を言えば、価値を与えることさえできれば、構成はどうでもいいのです。

 

しかし、「自由に書いてください」そう言っても、最初はどう書いていいのかわかりませんよね。

 

記事が書きやすくなるように、記事の構成やテンプレートに沿った書き方のコツをお伝えしていきます。

 

記事の構成とは?

文章の組み合わせのことです。

1つの記事は、主題本文結論など、様々な要素から成り立っています。

 

構成を考えずにただ書いていると、何を書いていいのかがわからなくなってきます。

書き手が何を書いているのかわからないようでしたら、読者はもっとわかりませんよね。。

 

構成を考えてて、構成毎に書いていきましょう。

 

「この部分はこれについて書いている」

そう説明できるように、書いていかなければなりません。

 

一つ一つの要素を繋ぎ合わせることによって、一つの記事が出来上がるのですから。

 

構成テンプレート

記事は大きく分けて、4つの項目に分けて考えます。

 

  • 記事タイトル
  • 導入
  • 本文(見出し)
  • まとめ

 

ブログを読んでいただければわかりますが、こうような構成で成り立っている記事が多いです。

僕もこの構成をテンプレートにして、記事を書いていますよ。

 

これが正解というわけではないのですが、この構成に沿って書くと書きやすいのです。

 

読者も読みやすいと感じてくれるはずです。

少なくとも、読みにくいとは思わないでしょう。

 

初心者はこのテンプレートを利用して、書くことをおすすめしますよ。

慣れてくれば自分流にアレンジして、自分の型を作っていけばいいのですから。

 

記事タイトル

記事の構成で一番大事な部分が「記事タイトル」になります。

 

記事タイトルは記事の顔。

見た目が悪ければ、中身も知ってもらえません。

 

そもそも、記事タイトルは何のためにあるでしょう?

何の記事かわかるため?でしょうか。

 

 

正解は、導入部分を読んでもらうためなのです。

 

 

本の表紙も同じです。

タイトルを見て、中身を見るかどうかを決めますよね。

 

本文を読んでみたいと思えるような、タイトルをつけなければなりません。

 

あなたの記事に辿り着いた時、一番最初に目に入るのが記事タイトルですよね。

記事タイトルで記事が読まれるかどうかを決めるのです。

 

それぐらいに記事タイトルには拘りましょう。

 

SEO対策にしても、記事タイトルが重要になってきます。

Googleのクロールは記事タイトルで判断し、検索結果に反映させていきますからね。

 

導入

本文への導入部分ですね。

 

ここでは

 

  • なぜこの記事を書いたのか
  • この記事にはどんなことが書かれているのか
  • これから説明していきます

 

本文への入り口になってきます。

 

映画で例えるなら、序章の部分になります。

これからどんな物語(記事)が始まるのか、読者をワクワクさせなければなりません。

 

記事タイトルが本文を読ませるためと、先程お伝えしましたよね?

では、導入部分の役割は??

 

センスの良いあなたは、すぐにわかることでしょう。

 

 

そう、本文を読ませるためなのです。

 

 

このように、ブログは下に下にと読ませていくのです。

 

本文

いよいよ本文に入っていきます。

 

本文はできる限り見出しに区切って書いていきましょう。

見出しは目次になります。

 

記事中で見出しは「〇〇について書きますよ」というお知らせ。

記事によっては、見出しが何個も用意されていますよね。

 

本文は見出し毎に書いていけばいいので、書くやすくなります。

 

 

では、見出しのない記事はどうでしょうか。

 

ズラズラと本文が書かれていて、文章にメリハリがなくなります。

途中で違う話題になっているのに見出しがないのは、どこからが違う話なのかがわからなくなってきます。

 

これは読者にとって、かなりストレスになりますよ。

 

本も見出しがなければ、読みにくい本となってしまいますよね。

読者も「ここにはこれが書いてあるのか」そう理解しやすくなりますので、見出しで区切ることは、書き手にも読み手にとっても大事な役割なのです。

 

見出しの中で、更に小見出しを設定しても読みやすくなります。

 

僕のブログの中で、有料テーマについての記事があります。

参考までに。

有料テーマこそ初心者におすすめ!?メリットとデメリットは??

2019年2月28日

 

  • 有料テーマがおすすめ
  • メリット
  • デメリット

この辺をテーマに記事を書いています。

 

見出しの使い方は、目次を見るとわかりやすいかな。

「なぜ、有料テーマがおすすめなのか?」という中見出しに対し、小見出しを書いてメリットを説明しています。

おすすめの理由を説明したら、「デメリットは??」の中見出しを作り、小見出しを書いていきます。

 

このようにまとめていくと、読みやすくなりますよね。

中にはデメリットの記事だけを読みたい読者もいますので、小見出しから読んでもいいのです。

 

見出しがあると読みやすくなると言っても、見出しばかりの記事も歯切れが悪くなりますので、気をつけてください。

伝えたいことが沢山あるようでしたら、見出しはほどほどにして他の記事を書きましょう。

 

まとめ

最後はあなたの感想や見解を伝えましょうか。

 

例え何かを説明するような記事だったとしても、あなたの感想を伝えることでオリジナルな記事になるのです。

 

あなたの感想を思いっきり伝えましょう。

「反対されるかも」「興味持ってもらえないかも」そんなことは、心配無用なのです。

 

あなたのブログなので、遠慮せずに自分の言葉で発言すればいいのです。

 

まとめには、次の記事への誘導にも使えます。

 

「今回は〇〇な話をしましたね。〇〇を更に活用するために▲▲な記事を書きましたので、読んで見てください!URLはこちらです。」

このように、他の記事に繋げることもできます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

僕の記事もほとんどはこのパターンで構成されています。

この構成で書けば、大きく読みにくくなることはないでしょう。

 

書いていくうちに上手く書けるようにはなりますが、最初は基本に沿って書くことをおすすめしますよ。

終わりに

「何から始めていいのかわからない。。」

まずは無料動画で
起業の勉強から始めてみましょう。

独学で起業して行き詰まったぼくが
学ぶことによって、飛躍した話を記事にしています。

詳しくは下記の漫画をクリック↓

↑詳しくはコチラからどうぞ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です