ブログ記事のネタが自己満足では稼げない!

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、横井です!

 

前回、ブログのネタ切れを解決方法という記事を書きました。

 

ネタ切れで記事が書けない人が多いのです。

記事が書けなくなってくると、挫折に繋がってしまいますからね。

 

そもそも、ブログのネタとは何なんなのか?

どういうネタを記事にしていけばいいのかということを伝えていきますね。

 

ブログのネタは何でもいい?

ブログの記事にするだけでしたらネタは何でもいいです。

しかし、ただ記事を書くだけでは読者の共感は得られません。

 

共感を得ることができなければ、稼げないのは当たり前です。

 

ぼくらのような一般人が「今日の朝食は〇〇でした!」「〇〇に行ってきたよー」そんな日記的な記事をブログに書いて、誰が得するのでしょうか?

そんなことは Twitterでつぶやいていればいいのです。

 

基本的に読者は自分のことしか考えていないのです。

自分が満足できればいいのです。

 

読者はあなたに興味がないのことを前提に考えましょう。

そもそも、みんな人のことを考えている余裕なんてないのですから。

 

 

芸能人のブログなら何を書いてもいいですよ。

ファンからしてみれば、好きな人がどこで何をしているか気になるものですから。

 

たまたま同じモノを持っていたり、知っている場所に行っていたら勝手に共感して嬉しくなりますよ。

 

ぼくもXJAPANの大ファンなので、YOSHIKIのメディアに注目しています。

YOSHIKIはブログは更新していないですが、Instagramなど「〇〇にいるよー!」そんな投稿でも、テンション上がります^^

 

ファンだからいいのです。

 

 

ぼくは他人のブログやタイムラインはほとんど見ないので、「〇〇しているよ」そう言われても興味がありません。

 

横井
しらんがな

くぅーちゃん
極端だな

 

読者が求めているネタとは?

ぼくらは読者が喜んでくれるようなネタを探してこなければなりません。

どんなネタが喜ばれるかと言いますと。

 

問題解決記事 → お役立ち

トレンド記事 → 興味性や好奇心

面白い記事 → 楽しい

などでしょう。

全ては読者をウォンツを満たすための記事なのですがね。

 

問題解決記事

読者は自分の悩みを解決するためにブログを見ます。

 

ぼくがブログを始めた頃、わからないことだらけでしたのでとにかく調べまくりました。

 

検索すれば、今は個人のブログが大手サイトに負けないぐらいにSEOが強いので、個人ブログにたどり着くでしょう。

 

ブログの立ち上げ方、WordPressのインストール方法、ドメイン設定・・・全てブログに答えが書いてあります。

Googleにキーワードを入れるだけで、簡単に答えがわかりますからね。

 

ですので、あなたも「読者はこんなことに悩んでいる」読者の立場に立って、読者の問題を解決できる記事を書いてあげましょう。

 

きっと、あなたのブログから答えを見つけ出してくれる読者がいます。

 

「こんなの役に立つのか!?」最初はそんな不安もあるでしょう。

あなたが悩んだことでしたら、同じような悩みを抱えている人が必ずいます。

 

世の中であなただけが悩んでいることなどないのです。

 

トレンド記事

人はいつまで経っても、好奇心の塊です。

 

例えば「芸能人の〇〇が不倫!?」そんな記事が出たとします。

 

読者の興味は

 

  • 不倫相手は誰?
  • 不倫は確定なのか?
  • 嫁の反応は?
  • 写真はあるの?
  • 本人のコメントは出ているのか?

 

などなど、ゴシップネタが好きなのですよね。

 

「知ってどうするのか?」そう思う人もいるでしょう。

ぼくもそう思います^^;

 

しかし、読者は「周りが知らないことを知っている」という優越感を得ることができるのです。

 

あなたの周りにもやたらとゴシップネタに詳しい人はいませんか?

ゴシップネタが好きな人は好きなのです。

 

でなければ、フライデーなどの週刊誌が人気のわけがありません。

人は人の秘密が好きな生き物。

 

 

ぼくもトレンドブログを書いていた頃があります。

ニュースをチェックして、旬なニュースに関連する記事を書いていました。

 

始めた頃は「こんな記事に読者が集まるのか?」と思っていましたよ。。

 

しかし、人の興味って凄いですよ。

上手くトレンドを重なると、読者数が何万人とかになってしまいますから。

 

さすがにビビりましたよ。。

 

面白い記事

人はとにかく面白いことが好きですからね。

面白いことに触れて、楽しみことは一種の現実逃避です。

 

面白いは人によって定義が違いますので、みんなが面白いと共感することはありえません。

面白いも細分化されていますので、読者は自分が面白いと思うネタを自ら探しにいきます。

 

マンガ、アニメ、Youtube・・・人気ですが、非日常のできごとなので、また面白いのです。

Youtubeの「〇〇をやってみた」のシリーズも、普段自分が興味があるけどできないことを変わりにやってくれるので、共感できるのでしょうね。

 

 

くぅーちゃん
アホだ。。

そう終わってしまう人も多いですが、それでも人の感情を動かしていることには間違いありませんからね。

 

まとめ

ブログで稼ごうと思ったら、読者を喜ばせなければなりません。

喜ばせた分(価値を与えた分)、報酬をいただけるのですから。

 

誰も得しない自己満足のブログでは稼げないのは当然です。

誰の役にもたっていないのですからね。

 

「これは喜ぶかな」「役に立てるかな」読者のことを考えて、記事を書いていけばいいのです。

 

きっと、あなたのブログが読者の悩みを解決します。

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です