【失敗する褒め方】女は褒めれば喜ぶわけではない

こんにちは、モデルのタクミです!

 

今日はね、「失敗する褒め方」について

解説していきます。

 

学べること

何度も何度も褒めの重要性を伝えてきました。

 

タクミ
「女の子は褒めたら喜ぶ」

 

そんな話もしてきたので

 

非モテ
「褒めればいい!」

 

と、勘違いしている男も

多いんじゃないかな思って

 

今回の記事を書いています。

 

そこはね、自分が伝え切れていなかったこと

だと思うから、申し訳ない。。。

 

女の子を喜ばせるために

確かに褒めることは大事だけど

 

 

「ただ褒めればいい」

ってものではありません。

 

 

女の子を褒めているはずなのに

 

んでもらなかったり

反応が悪かったことがあったら

 

 

失敗する褒め方を無意識にしてしまっているのです。

 

 

今日の記事を最後まで読んでくれれば

これからは褒めで失敗することはなくなります。

 

そしてね、どうやって褒めれば喜んでもらえるのかも伝えていくから

 

楽しみにしていてください!

 

 

失敗する褒め方

それでは、早速本題に入っていくのだけど

 

失敗する褒め方は

外見だけを褒めること

 

可愛い子を見て

非モテ
「可愛いですね」

 

背の高い子を見て

非モテ
「スタイルいいですね」

 

見たままを褒めるのはやめておこう。

 

 

なぜ、外見を褒めるのがダメかと言うと

外見しか褒めないと

 

表面しか見ていない男だと

思われてしまいます。

 

確かに初対面の時は

外見しかわからないから

 

わかりやすい外見から

褒めたくなる気持ちはわかる

 

可愛い子を見れば

率直に「可愛い」って思うからね。

 

 

でもね、女の子の立場になってみたらどうだろう?

 

 

可愛い子や美人な子は

 

 

「可愛いね」「キレイだね」

はもう、言われ慣れているのですw

 

くぅーちゃん
羨ましい話だ。。。

 

ぼくも周りにも

モデルの女の子がいるけど

 

みんな現場でもプライベートでも

 

「可愛いね」「スタイルいいね」

 

言われまくっているので

言われること慣れているのです。

 

つまりね、言われ慣れているってことは

言われても当たり前ってことになります

 

他の男と同じことを言っても

差別化にもならないし

 

結局、周りと同じ男だと

思われてしまうのです

 

外見しか褒めていなかれば

 

美女
この人も、私の外見なのね。。

 

と冷めてしまいます

 

 

実はキレイな外見に見えても

本人はコンプレックスを持っていたりします。

 

背の高い子はスタイルいいねと言われるけど

 

実は背の高いことで悩んでいて

触れられたくない部分だったりする。

 

幼少期にバカにされた経験があったりね。

 

だからね、良かれと思って外見を褒めても

逆効果な時もあるから、気をつけよう

 

そしてね、褒めようとした時に

ストレートにしか伝えていなくない?

 

 

「可愛いね」「スタイルいいね」

ただストレートに伝えている男を見ると

 

キャバクラで

 

オヤジ
「今日も可愛いね」

って言っている

 

下心全開のオヤジみたいに感じてしまいますwww

 

女の子は下心を敏感に感じ取りますから

 

少しでも不快に思ったら

高感度は下がっていきます

 

外見をストレートに褒めるのは

リスクがあるのでやめておこう

 

 

モテる褒め方

ではね、どうやって褒めるのかというと

 

努力、センス、考え方など

内面を褒めてあげよう。

 

可愛い子は可愛いを維持するために

努力をしてきています。

 

デートをする前だって、あなたを喜ばせるために

早く起きして、化粧をして服を選んで、髪をセットして

 

男が思っている以上に時間をかけて

準備をしてきてくれているのだから

 

その努力を見逃さないようにしてあげようね。

 

男性脳女性脳の違いで

男性は結果を褒められると嬉しいけど

 

女性は結果より過程を重視する傾向があります。

 

例えば「試験に合格した」という

結果があったとします

 

タクミ
「合格するなんて、凄いね」

という結果を褒めるより

 

タクミ
「めっちゃ勉強を頑張ってたもんね」

と過程を褒めてあげましょう

 

過程を褒めてあげることで

結果だけを見ているのではなく

 

この人は見えないところも見てくれているという

特別感も与えることができます。

 

 

内面の褒め方

内面を褒めるのに効果的なのが

 

身につけている物を褒めること

 

身につけているものは

自分が好きで選んでいるよね

 

頑張って買った物だったり

大事な人からもらった物

 

思い出のある物こそ

誰かに認めてもらいたいよね

 

例えばね、服を褒めようと思っても

 

タクミ
「その服、可愛いよね」

でストレートに褒めて、終わるのではなく

 

タクミ
「春っぽくていいじゃん」

センスを褒めてあげよう

 

女の子
「いいでしょ!お気に入りなんだ!!」

反応が良ければ

 

タクミ
「どこで買ったの?」

 

5W1Hで質問して

更に深堀してあげましょう

 

自分が気に入っている物であればあるほど

 

理由を聞いてあげれば

喜んで話してくれます

 

女の子
「お母さんからもらったんだ」

と、答えてくれれば

 

タクミ
「そうなんだ」

タクミ
「お母さんからもらった服を大事にしてて、お母さん想いだよね」

タクミ
「きっと喜んでくれているよ」

 

という感じで

 

褒め+共感とセットで伝えると喜んでもらえますよ

 

結局はね、女の子は何に喜んでくれるのか

を真剣に考えることが大事

 

「見た目を褒めればいい」

という考えは思考停止しているから気をつけよう

 

モテる男は他の男が

褒めないポイントを見つけて

 

そこを褒めて、話を引き出し

共感できる男ですからね

 

ぜひ、そんな男になっていこう!

 

 

まとめ

それでは、復習していきましょう

 

失敗する褒め方

外見をストレートに褒めることでしたよね

 

外見を褒めることは

他の男もやっているし

 

コンプレックスがある場合もあるから

無理に褒めるのはやめおこう

 

女の子が褒めてもらいたいのは

結果より過程だから

 

努力、センス、考え方など

内面を褒めてあげよう

 

内面を褒める時のポイントは

身につけている物から入ると話が膨らみやすいよ

 

褒めた時の反応が良ければ

5W1Hで質問して

 

更に堀して話を盛り上げていこう

 

この時に意識するのが

 

褒め+共感で伝えることで

 

女の子
「この人はわかってくれている」

 

と、差別化をした褒め方ができるようになってきます

 

 

アクションプラン

まずはね、女の子の

身につけている物をチェックすること

 

気になるアイテムがあれば

褒めながら、質問をしていこう

 

自分が意識しているのは

 

「興味がありますよ感」を出しながら

インタビューをする感じかな

 

相手がどんな質問をされたら

話しやすいか、嬉しいかを考えて質問してみよう

 

これって、日常会話や仕事でも試せることですから

 

今日から意識をしてみようね

 

意識すると、視点が変わって

思いがけない発見があるよ

 

会話をしながら

 

「この人、話やすいな」

 

って思ってもらえればこっちの勝ちだからね

ぜひ、褒めと共感を意識して会話を楽しもう

 

 

お願いごと

モテるために褒めテクニックは必須です

 

褒めに関する話はこれからも

YouTubeでガンガン上げていくから

 

見逃したくない男は

今すぐチャンネル登録しておいてね

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://www.youtube.com/channel/UCV6VeyFEGuSmDZj2b19f6UA?sub_confirmation=1

 

動画を見て役に立ったなと思ったら

高評価ボタンも押してくれれば

 

今後の励みになるので宜しくお願いします!

 

Twitterでも生き方、モテ方などお役に立つ情報を

140文字にまとめて発信していきます

 

ぜひ、フォローしてみてください

 

今回もありがとうございました

次の記事でお会いしましょう!

 

【YouTubeはこちら】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です