モデルとは手段?仕事や副業(バイト)って何!?

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、横井です!

 

モデルに対する捉え方は人によって違ってきます。

もちろん、僕には僕のモデル活動をしている理由があります。

 

「横井さんにとってモデルは副業ですか?」「バイト??」

そんな質問をされることがあります。

 

僕はこの手の質問が大嫌い、ナンセンスなのです。。

 

「そんなこと聞いて何になるのか?」毎回不思議に思うが、質問する側も悪気があって聞いているわけではない。

単に聞いているだけだと思う。

 

僕にとってのモデルとは?

本業、副業(バイト)なのかをお伝えしていきます。

 

モデルとは?

自由に生きるための手段なのです。

 

僕の芯になる考えなので、常にこれを軸に生きています。

当然、モデルも自由に生きるために取り組んでいます。

 

これはモデルに限ったことではありません。

BAR経営/ネットビジネスにも取り組んでいますが、全ては手段なのです。

 

極論を言います。

 

「自由に生きる」目的を達成できるのなら、モデルやBAR経営、ネットビジネスでなくてもいいのです。

 

逆に、自由が奪われるならモデルもネットビジネスもやりません。

 

 

こう言うと、冷めていると思われるかもしれませんね。

 

「そんな思いでモデルに取り組んでいたの。。」

そう思われてもしょうがありません。

 

僕にとっての取り組み方であって、決して世の中の正解ではない。

 

あなたなりの仕事に対する取り組み方を探せばいいのです。

まぁ、正解は自分の中にしかないですけど^^

 

モデルの役割

僕にとってモデルは、ブランディングです。

 

このブログを読んでいて、僕の存在を信じられない人はいないでしょう。

もし、信じられないようならこちらを読んでください。

 

17年のモデル活動を振り返ってみよう

2019年2月4日

 

これでも信じられないようなら、相当捻くれています^^;

 

これだけCMや広告に出ているのに、「横井は実際には存在しない」そんな風には思いませんよね?

 

もし、信じられなかったらクライアントに問い合わせてみてください。

企業としても、そんな実態がない人を使うわけがないですよね。

 

ネットの世界は怪しい業者も多く、やはり不振の払拭ができません。

 

顔を出さない人も多いですし、姿がイメージできないのです。

(それをキャラとして、ブランディングしている人も多い)

 

あなただって、信じられない人の話は聞きたくないですよね?

自分を信じてもらうには、まずはこちらからオープンでいることが筋ですから。

 

 

BAR経営をしていても

 

  • BAR経営をしています
  • モデル兼BAR経営をしています

 

どちらがインパクトありますか?

後者ですよね??

 

世の中、BARを経営している人はいくらでもいます。

しかし、モデルをしながらBARを経営している人はどれぐらいいるのでしょうか?

 

日本には数えるぐらいしかいないと思います。

その中でネットビジネスに取り組んでいるのは、きっと僕だけでしょうね。

 

もし近くにいたら、紹介してください。

きっと話が合うと思います^^

 

BARやネットビジネスの情報発信にしろ、モデル目線からの話ができますので切り口が変わります。

 

同じ情報を発信していても、周りとの差別化になるのです。

 

モデルは副業やバイトなのか?

違います。

 

元々、本業/副業/バイトなどと仕事を分けるのが嫌いなのです。

 

僕はいつもお話ししているように、モデル/BAR経営/ネットビジネスが柱になっています。

僕にとってはどれも本気、本業や副業と分けられるものではないのです。

 

取り組む時間だって違いますよ。

 

活動時間だけ考えればモデルが一番短いが、ネットビジネスのことははいつも考えている。

BARだって好きなのでよく店にいる。(←スタッフからしたら迷惑かも!?)

 

正直、モデルだけでは生計は立てられない。

しかし、モデルだけで生計を立てるつもりもない。

 

モデル1本になったら間違いなく自由は奪われますからね。

(↑仕事がない言い訳ではないw)

 

売れっ子のモデルをみてくださいよ。

毎日不規則なスケジュールで、自分の時間を作ることが精一杯。

 

もちろん、夢ややりがいを持って取り組んでいるモデルさんも沢山います。

そういうモデルさんを否定することはないのですが、僕とは捉え方が違うのです。

 

 

たまに

 

本業だからしっかりやる

副業(バイト)だから、適当にやる

 

そんな考えの人と出会うことがあります。

 

あなたの仕事には、必ず相手がいる。

あなたが副業だから手を抜こうと思っても、お客さんからしてみれが関係のないこと。

 

「副業だから」と、適当に取り組まれても迷惑でしかない。

 

相手がいる以上は、本気で取り組むのがプロなのです。

 

「副業ですよ」「バイト感覚でやっています」そんな気持ちで現場にいるモデルがいる。

 

ホント、辞めてほしいです。

まぁ、そういうモデルは残っていけないですけどね。。

 

まとめ

そもそも、僕は「仕事」という概念が嫌いなのでしょう。

 

全部、自由に生きるための手段なんだから

もちろん、手段だって楽しくないと続きません。

 

手段すら自由なわけですから。

そう思うと、手を抜くなど僕には考えられません。

 

本気で自由を目指しているなら、手段を本気で使わないとね!

【ブログを始めたい!】そう思ったら、まずはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です