プロのモデルをナメるな!ノーギャラで依頼してくる大バカ野郎に告ぐ

こんにちは、横井です!

 

いきなり怒りモードでスタート(笑)

 

というのも、人の価値と時間を大切にしろって話なのです。

 

仕事の依頼をすることは、相手のノウハウをいただいて、貴重な時間を拘束するわけですよね。

それなのに相手の価値や時間を安く感じている人が非常に多いのです。

 

価値を与えてもらうわけですから、それだけの対価が必要なのです。

 

価値としてわかりやすいのは、お金です。

 

あなただって給料がもらえなければ、仕事なんてしていないですよね?

 

しかし、世の中にはノーギャラで仕事を依頼をしてくる人がいるのです。

仕事は価値と時間を奪うわけですよ、信じられません。

 

ナメられる方にも原因があるのですけどね。

 

ノーギャラだと!?

僕は事務所に所属しているので、基本的には事務所経由で仕事の依頼がきます。

 

事務所にも手数料を払わなければいけないので、当然それなりのギャラが発生します。

事務所だってボランティアではないですからね。

 

ただ、たまに直接的に仕事の依頼をされる時があります。

 

仲良くなると?一方的に話しを進められ、いつになってもギャラの話はされない。

 

横井
こっちだってギャラの話はしにくいのだから、気を使えよ。。

そう思いながら黙って聞いていても、一向にギャラの話は出ないのです。

 

我慢できずに、こちらからギャラの話をすると顔色が変わる。

「えっ、ギャラ発生するの?」そんな空気になるのです。

 

横井
当たり前だろ。。。

 

もちろんノーギャラでモデルを使えれば、コストがかからないわけですから、ラッキーですよね。

僕もビジネスをしているので、コストがかからない方が利益は出ることはよくわかります。

 

しかし、そんな自分の利益しか考えない人とは仕事にならないですよね。

 

僕は直接の依頼に対して、間違いなくギャラの話をします。

「がっつきますね〜」そう思われても関係ありません。

 

ギャラをいただくのは、当然です。

自分の安売りは絶対にしません。

 

自分の時間には価値がありますから。

もし理解されないようでしたら、仕事は断ります。

 

こちらもプロです。

プロの時間を拘束するのには、それなりの対価が必要ですよね?

 

モデルに限らず、人に無料で依頼しようなどありえない行為なのです。

 

友達に軽くお願いするのとは、訳が違うのですから。

失礼だということがわかっていないのです。

 

 

ブログ運営においても同じ。

ブログは初期投資がかからず、無料でも作れるので軽く見られるのでしょうね。

 

知人
ブログの稼ぎ方を教えてくれよ

軽く言われる時があります。

 

僕が学んで実践してきたことを教えるだけですから、教えることには費用はかかりません。

 

ただ、僕がブログを成功させるのに学んだきたお金と時間は莫大なものです。

学ぶためのセミナーや本には、100万円以上はかけてきています。

 

僕に無料で教えろと言うことは、そのノウハウを無料で教えろと言うことです。

そんな調子のいい話がありますかってことですよ。

 

あなたの学んできたことには必ず価値のあること。

簡単に教えられるものではないのです。

 

なぜ、ナメられるのか?

ノーギャラで仕事を受けるモデルがいるのです。

 

サロンモデルやフリーモデルと名乗っているモデルは、本当にギャラをもらっているのか?

仕事欲しさにノーギャラで受けているモデルがいるのも現実です。

 

ギャラは「モデルの仕事ができた」という優越感。

それだけで、十分価値を感じる安いモデルも沢山いることでしょうね。

 

その気持ちもわかるのですけどね。。

 

僕もモデルを始めた頃は、仕事がしたかったのでどれだけ安いギャラでも仕事を受けていました。

「ギャラが少ないのは、モデルを始めたばかりだからしょうがない」自分に言い聞かせて、モデル業を続けたのです。

 

結果、どうなったのでしょうか?

 

ギャラはいつまで経っても安いままだったのです。

 

「横井はこれぐらいのギャラで使える」

そう、思われていたのでしょう。

 

最初から自分を安売りしてしまうと、価値を上げるのは難しいのです。

 

時間こそ価値

あなたの時間という概念は伝わりにくいのです。

友人関係だって、相手の時間を考えて付き合っている人は少ないでしょうね。

 

モデルのように自分を商品にしている場合、モノのように価値が伝わりにくいのです。

 

値段がついて形のあるものなら、「あ〜この商品はこのぐらいの値段ね!」とモノの価値としてお金を払いやすいでしょう。

しかし、あなたに値段がついているわけではないし、相場もないですからね。

 

自分で自分の価値をつけるしかないのですから、わざわざ安売りをする必要はありません。

 

時間は有限、誰もが確実に死へと向かっているわけです。

時間を割くと言うことは、そんなあなたの貴重な時間を使っているわけです。

 

価値がないわけがないでしょう。

お互いの時間を大切にしなければならないのです。

 

まとめ

ビジネスは常に利害関係のあるwin-winの関係でしか成り立ちません。

 

あなたの学ぼうと思ったらそれなりの対価を支払う必要があります。

お金だけではなく、相手にとってどんなメリットがあるのかを考える必要があります。

 

あなたに依頼するということは、貴重な時間を割いているわけですから。

価値のあることなのです。

 

依頼する側もされる側も、時間と価値の安売りしてはいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です