起業したからこそ学べた5つの必須のスキル

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、タクミです!

 

「スキルが身についたら、起業します」

では、遅いのです。

 

起業してみるからこそ

スキルが身につきます

 

 

もちろん、何も準備しないで始めるには

リスクが高過ぎますけど。。

 

ただリスクを考えて始めなければ

 

成長はありませんし

もちろん、成功もないのです。

 

事業を続けていくには

学ばなければいけない

 

続けていくための

必須のスキルもありますから。

 

ぼくが実際に

 

起業したからこそ学べたスキル

伝えていきますね。

 

 

集客力

ぼくの経営するBARも10年になります。

 

10年続いたということは

少なくとも集客ができている。

 

自分や店に集客力があるということなのです。

 

これは必然的に

身についたスキル。

 

身につけなければ

やっていけなかったことなのです。

 

 

店を構えていますので

 

お客さんに来ていただかないことには

話になりません。

 

 

ぼくの場合は

飲食経験もなかったですし

 

地元の静岡に帰ってきたばかりでしたので

友人もいませんでした。

 

 

店をオープンさせても

伝える人がいなかったのです。

 

見込み客がいない状態。

 

それでは、利益は出ませんよね。

 

 

そこからのスタートでしたので

 

「どうすればお客さんが来てくれるのか」

を真剣に考えました。

 

お金に余裕があったわけでもない。

 

お客さんが来なくても

 

固定費は払わなければならないので

赤字になってきます。

 

赤字が重ねれば

貯金も減っていくわけですから。

 

当然のことなのですがね。

 

この感覚の本当の恐ろしさは

起業してみないとわかりませんよ。

 

 

起業は時間との戦い

スピード勝負になってくるのです。

 

そうなると

最初はがむしゃらですよね。

 

ビラも月に何千枚を配ったり

当時、始まったばかりのFacebookもやりこみました。

 

とにかく、自分を知ってもらおうと思い

友達申請を送りまくっていましたよ。

 

今だったら

とっくにアカウント削除でしょうね^^;

 

5000人(上限)まで友達を作り

店の情報を発信してきました。

 

そこからの集客もできて

徐々に広がっていったのです。

 

そもそも、人がいないことには

口コミを起こりませんからね。

 

 

コミュニケーションスキル

ぼくの店は、繁華街の雑居ビルの3階にあります。

 

立地もいいわけではありませんので

 

新規のお客さんが

頻繁に来店されるわけではありません。

 

そんな店を続けて行くには

リピートをしてもらう必要があるのです。

 

一度来ていただいたお客さんに

 

「また来たいな」

そう思ってもらう必要があったのです。

 

 

あなたがまた行きたい店とは

どんなお店でしょうか?

 

 

お客さんが店を判断するのが

 

店の雰囲気や

サービスはもちろんですが

 

人(スタッフ)との

コミュニケーションではないでしょうか?

 

 

つまり、ぼくにも

コミュニケーション能力が求められるのです。

 

 

個人店の場合

 

どれだけ雰囲気が良くても

接客が悪ければ、2度とは行かないでしょう。

 

今の時代、どこの店に行っても美味しいですし

雰囲気だって悪くはありません。

 

値段だって

どこも一般的ですからね。

 

決め手となるのは

「人」になってきます。

 

よっぽど立地がよく

お客さんが絶えないような場所なら

 

リピートしてもらう必要はありませんがね。

 

 

例えば、京都などの観光地がいい例ですよね。

 

連日、外国人さんや

観光客が訪れる場所に店を構えていれば

 

とりあえずでも

人は来てくれます。

 

京都に行ってみて思ったのですが

とにかく人が多い。。

 

どこの店も

観光客でいっぱいですからね。

 

それだけお客さんが来てくれれば

一人一人に接客をしている余裕もないでしょうが

 

お客さんも欲しい商品を買えればいいので

接客は気にしないのです。

 

 

もう、接客がどうこうの世界ではないですからね。

 

 

新規のお客さんだけで

商売が成り立つのです。

 

 

もちろん、その分、家賃などの

固定費が高いのでしょうが^^;

 

チェーン店のように仕組みで成り立っている店には

人がいればいいわけですから

 

接客も求められません。

 

極論を言えば、誰でも同じなのです。

 

コンビニのスタッフも

 

最低限の接客ができれば

お店は回るのです。

 

その仕組みを作っていることが

凄いですけどね。。

 

ずっと、新規のお客さんが来てくれるならいいですが

その可能性は低いですよね。

 

ただでさえ

日本の人口が減っているわけですから。

 

求められるのは

 

また会いたいな」

そう思ってもらえるような人になる

 

必要があるのです。

 

 

ライティング

人に伝えるスキルも大切です。

 

どれだけ、いいサービスやイベントが

開催されたとしても

 

こちらから伝えないことには

知ってももらえません。

 

知ってもらえないことには

 

「行く?」

「行かない?」

そんな判断もされませんからね。

 

 

ぼくも付き合いやお客さんから

イベントなどの招待を受ける時があります。

 

ありきたりなお知らせとして

  • 日時
  • 料金
  • 場所
  • イベント内容

詳細だけが送られてきます。

 

もちろん詳細は大事ですが

人は詳細に興味はありません。

 

イベントに参加することで

 

「自分にどんなメリットがあるのか?」

を考えます。

 

メリット(興味)があるから

詳細をチェックするのです。

 

詳細だけを見て

決める人はいませんよ。

 

よっぽど詳細の勉強をしている

マニアックな人ぐらいでしょうね。。笑

 

イベント詳細だけを見ても

面白くも何ともないのです。

 

今でしたら

 

ネットを使って

人に何かを伝えていきますよね。

 

どうすれば興味を持ってもらえるか?

相手にメリットを与えることができるのか?

 

自分のメリットではなく

 

常に相手の立場に立って

伝えてあげる必要があるのです。

 

同じことを伝えるにしても

伝え方で全く違ってきます。

 

伝え方が悪ければ

伝わりませんからね。

 

 

ターゲティング

どんないいサービスでも

万人受けすることはありえません。

 

万人受けを狙うと

 

誰にも興味を持ってもらえない

平凡なものになります。

 

 

9人の人に嫌われても

1人の圧倒的なファンを作る方がよっぽどいいのです。

 

 

そのためにも

 

「誰に楽しんでもらいたいか」

「誰に伝えたいか」

 

明確にしなければなりません。

 

ぼくの店は

20代〜30代の独身男性をターゲットにしています。

 

常にその世代の人に楽しんでもらえるような

店を作っています。

 

極論を言えば

女性は来なくていいと思っています。

(女性のお客様、スイマセンw)

 

 

その中でも女性のお客さんもいますし

40代〜の男性の方も来られます。

 

基本はターゲットを狙うのですが

 

ターゲットではなくとも

その周りの人も来てくれますのです。

 

 

差別化

個人の店は周りと同じことをやっていたら

生き残ってはいけません。

 

「上手い、安い、早い」

はもう当たり前ですからね。

 

お客さんも慣れてきていますので

それだけでは満足はできないのです。

 

同じサービスで同じ物を扱っていたら

後は価格になってきますよね?

 

価格勝負になったら

 

大手にはどう頑張っても

勝てません。。

 

だったら

個人は大手ができないことをやるしかないのです。

 

差別化には

人の差別化店の差別化があります。

 

ぼくという人間が

他の人とは違ったことをできなければならない。

 

他の店にはない

サービスをしなければならないのです。

 

ここでしか体験できないサービスを受けることで

リピートにも繋がってきますし

 

他の店に行ってしまうことが

なくなるのです。

 

だって、変わりの店が無いのですからね。。

 

 

まとめ

ぼくは、たまたま実店舗で

起業して学んできました。

 

起業して学んだスキルは

 

他の事業でも活用できますし

ブログTwitterにも応用ができています。

 

 

本やセミナーでも

知識としては学べますよ。

 

それでも実際にやってみないことには

わかりませんから。

 

ぜひ、スキルは実践して学んでみてくださいね!

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です