旅行記

グアムでもやることは変わらない!?ココス島での過ごし方はマネするな!!

2019年3月4日

こんにちは、横井です!

 

今まで海外旅行に行くとなると、1人か奥様と行くことしかなかった。

みんなで行く機会がなかったのは、僕が団体行動が苦手なこと、行動力が鈍ることが理由なのです。

 

しかし、今回はなんと5人でグアムに行くという僕にとってはチャレンジ旅行。

果たして、どんな旅行になるのか?

 

そもそも、なぜグアムに?

社員旅行でスタッフとお客さんでグアムに行ってきたのです。

会社ではないので、社員旅行ではない気がしますが^^;

 

団体行動の苦手な僕がみんなで旅行に行くなんて珍しいですからね。

それも海外なんて。。

 

というのも、BARの忘年会でビンゴ大会を開催したのです。

 

一等賞はなんと

 

「グアム、カップルで行く2泊3日の無料宿泊券」

豪華景品でしょ^^(←ドヤッ)

 

限定20名の参加募集だったのですが、あっという間に満員御礼。

20人に1人グアムチケットが当たるわけですから、当選確率はかなり高いですよね?

 

なんと、そこで引き当てたのは

 

「海外旅行に行ったことのない、常連客の独身男性」

。。

 

当たった瞬間「誰と行くんだ?」「えっ、海外行ったことないだろ」ザワつきましたね。

 

当たったモノはしょうがない、彼になんとかしてもらいましょう。

そのまま、BARは年を越したのでした。

 

 

新年を迎え、いつものような日常。

常連の彼も安定して、店にいる。

 

ある時、彼と店内で二人だけになる時があった。

いつもの変わらないはずなのに、その日は何か空気が違う。

 

 

「男女が2人っきりになり、どちらが先に切り出すのか?」

「告白を待つ彼女のような心境」

 

そんな微妙な空気を僕は察した。

 

その時、彼が動いた。

 

[voice icon="https://yahoo.jp/box/Jdv5CF" name="客人" type="r"]なぁ、一緒にグアム行かねー??[/voice]

[voice icon="https://yahoo.jp/box/CFNplX" name="横井" type="l"]!?!?!?!?[/voice]

 

男性にグアムに誘われる日が来るとは。。

 

[voice icon="https://yahoo.jp/box/CFNplX" name="横井" type="l"]おっ、おー。。いっ、いくか。。。[/voice]

 

流石の僕も同様した。

 

男2人、グアムで過ごす自信はなかった。。

そんな話しをスタッフにしていると、「自分もグアムに行きたい!」とノリノリに。

 

せっかくだったら、「みんなを巻き込んで行った方が面白いのでは?」と参加者を募った。

 

そして、5人でグアムへと行くことになったのです。

 

とりあえず、まずは彼を市役所へと向かわせたのでした(笑)

 

グアムで何しよう?

僕は何度もグアムに行っていたので、特別にやることはなかった。

ホテルのプールやビーチでゆっくりしているだけで満足だったが、今回はそうは行かない。

 

せっかくみんなでグアムに来ているので、海外旅行の楽しみを味わってほしかったし、グアムを楽しんでもらいたい気持ちがあった。

 

しかし、ほとんどのメンバーは初めてのグアムだったので、やりたいことも多過ぎて決まらない。

 

だったら、「僕も行ったことのないし、ビーチもキレイなココス島に行ってみよう」とプランを練ったのです。

 

「グアム2泊3日、ココス島で楽しもう」

ベタベタなツアー^^;

 

一同、グアムへと旅立ったのです。

 

いざ、グアムへ!

当日は朝から静岡駅に集合し、名古屋国際空港へ。

 

日本からも近く治安もいいグアムだが、初の海外旅行者が2名。

注意喚起し「パスポートは持った?」「はぐれないようにね」と、グアムを目指したのです。

 

まるで修学旅行の先生の気分でした^^;

 

グアムまでは、日本から3時間。

 

機内食を食べ、映画を見たりと各自のんびりと過ごす。

初のフライトの仲間もいたので、ドキドキだったとか。

 

大人になっても、こういう新鮮な気持ちも大事ですよね。

 

なんだかんだ、グアムまではあっという間ですよ。

 

無事にグアムへと着いたのです。

 

グアムでの過ごし方

タモン地区に繰り出し、ハンバーガー食べて、ビーチにサンセットを見に行ったりと定番のコース。

 

今回は自分が楽しむというより、みんなが楽しんでいる姿を見ているのが楽しかったな。

 

自分も初めて海外に行った時は全てが新鮮で、見るもの全てが楽しかったですからね。

周りを見ていると、そんなことを思い出させてくれます。

 

みんなで行くとやはり気も使うが、1人で行くのとは違った発見があるものですね。

 

1人でグアムに来ても、ホテルのビーチでボケェーとしているだけ。

ホテルの敷地内から出ないですからね^^;

 

勿体無くなんてない。

これが、中々贅沢な過ごし方なんだから。

 

日本にいると何も考えずに過ごす時間は取れないものですからね。

 

翌日はココス島を観光。

ココス島は初めてだったので、楽しみだったのです。

 

ココス島でやることは?

ココス島のビーチでSWITCHで遊ぶのも乙な過ごし方かな(笑)

 

ヤシの木を見つけると、南国に来たぜって感じがしますよね。

 

透き通るような青空、キレイな海、水着のねーちゃん・・・最高の景色ですね(笑)

 

しかし、そんな素晴らしい景色の中、僕と彼はゲームで対戦。(爆笑)

 

多分…いや間違いなく・・・ココス島で全力でゲームをやっているのは我々だけだろう。

 

グアムに来てもやることは変わらない。

環境が違えば同じゲームだって、違うゲームになる?はず!

 

「グアムに来てまで、ゲームをやらなくても。。」

そう言われれば、何も言い返せない。全くもって、否定もするつもりもない。

 

自分たちが楽しめればそれでいい。

グアムに来たって、楽しみ方は人それぞれだ。

 

せっかくグアムに来たので、マリンスポーツを体験したいと思う人も多いでしょう。

キレイなビーチで泳ぐのも楽しみですからね。

 

各々に楽しめばいいのです。

 

ただ、青空とビーチが眩しくてゲームはやりにくいw

我々は学んだのでした。

 

まとめ

やはり旅行はどこへ行くかよりも、誰と行くかが大事かな。

集団行動な苦手は僕を連れ出してくれて、貴重な機会を与えてくれたスタッフや客人には感謝です。

 

きっと彼がいなければ、ココス等でゲームをやることもなかったでしょうね。。

 

彼が覚醒した姿は一生忘れない。

 

→海外に行く理由は何でもいいと思う
[kanren postid="1497"]

-旅行記
-

© 2021 モデルが教える30歳からの男磨き術 Powered by AFFINGER5