ヨーロッパ縦断、5カ国10都市の旅【ドイツ編】

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、タクミです!

 

ヨーロッパ縦断、5カ国10都市の旅へと

行ってきました。

 

きっかけは、地元の先輩でもあり

木工作家の寺田高士さんとお話している時に

 

 

タクミ
バルセロナへ行きたい!

 

そう思ったのがきっかけ。

 

今回の海外旅行は

バルセロナを目指そうと思ったのですが

 

タクミ
どうせヨーロッパに行くなら他の国も行ってみよう

 

そう思い、旅行の計画を考えたのです。

(実は世界一周の計画にあった)

 

今までは、一つの国に

ゆっくり滞在する旅行ばかりでしたので

 

国境を超える経験も面白いかなと。

 

色々と考え、シミレーションをした結果

最後の目的地をスペインに設定し

 

 

ドイツ→オランダ→ベルギー→フランス→スペイン

 

 

と決まったのです。

 

そんな、5ヶ国におよぶ旅。

 

沢山の感動体験と

厳しい試練が待っていました。

 

ぜひ、楽しみにしていてくださいね。

 

今回はドイツ編をお届けしていきます。

 

出発

それでは、行ってきまーす!

まずは、羽田空港からドイツのミュンヘンを目指します。

 

ぼくの旅行は

完全な個人旅行ですので

 

航空券の手配からホテルの予約まで

全部を自分でします。

 

慣れると簡単なのですが

最初は大変でしたよ。。

 

航空券も1日違うだけ

料金や空席状況も違ってきますから。

 

便を選べるのも

個人旅行の良さでもありますし

 

どうせなら、静岡から交通の便がいい

羽田空港から行きたかったのです。

 

色々と探した結果、行きは

 

羽田ーミュンヘン

 

に落ちついたのです。

 

 

機内から楽しみ

ヨーロッパなどの長距離は

ビジネスクラスで行きます。

 

乗ってみると思いますが

快適さが全く違ってきますよ!

 

とにかく広い。

 

隣に大きな外国人さんが乗って来た時の

窮屈さといえば。。泣

 

隣のお客さんは選べませんからね。。

 

フルフラットの機内

 

機内食も美味しいですよ。

ずっと食べていられます。。

 

食後は

 

紅茶でも飲みながら

のんびりした時間を過ごせます。

 

ビジネスクラスに乗るのも

旅行の楽しみの一つでもありますね。

 

そして、また寝るzzz

 

 

食べては寝てを

繰り返していたら

 

ドイツまではあっという間ですよ!

 

 

ミュンヘン

約12時間のフライトを経て

 

ミュンヘンに到着。

 

空港からオシャレ!!

 

ミュンヘンの空港から

市内を目指すわけですが

 

最初に驚いたのが

 

 

駅に改札がない

 

 

切符はホームで買えたけど

その後どうすればいいの?

 

いきなり困るという。。

 

 

とりあえず、そのまま電車に乗り込み

目的地を目指します。

 

切符を確認する駅員さんも来ないですし

目的地まで、ひたすら電車に揺られていきます。

 

 

つまり…

 

無賃乗車も可能なのです。

 

 

もちろん、ぼくはそんなことはしませんが

絶対にして人いるだろうな。。

 

見つかったら罰金なので、自己責任ですが。

 

ここで、日本の常識は覆されますよね。。

 

 

無事にホテルへと到着して

1日目を終えたのです。

 

 

にしても

 

この時は、ドイツで思いがけないことが

起ころうとしているとは、考えもしなかったな・・・

 

 

ノイシュバンシュタイン城

ミュンヘンを目指した理由は

 

ノイシュバンシュタイン城

行きたかったのです。

 

日本での人気ですよね?

 

主要都市では

ミュンヘンが一番近く

 

自力で行くことも

可能だったのですが

 

調べた結果、なかなか大変な道のりだったので

ここだけは、ツアーに申し込んで参加。

 

 

2日目の朝は

ミュンヘン中央駅に集合。

 

30名ほどで、ツアーバスに乗って出発。

 

ガイドさんのためになるお話(なかなか面白い)を聞きながら

一同、ノイシュバンシュタイン城を目指したのです。

 

ミュンヘンから2時間ぐらいかな

高速道路を走って、長閑な道へと進んで行きます。

 

山に入っていき、お城が見えてきましたね。

 

バスでお城の麓に到着し

更にバスに乗り換えて山中へ

 

旅行ガイドに載っているいるような

城の絶景はマリエン橋からの景色なので

 

まずは橋へと移動していきます。

 

橋に到着すると

凄い人。。

 

さすがに全員が橋に乗ったら

大変なことですので

 

人数制限がありながら

橋に行けるのも待ちます。

 

ついに順番が来て

橋からの景色を眺めると

 

 

そこには・・・

 

 

最高の景色が待っていたのです!

 

シンデレラ城のモデルにもなっているお城。

天気も良くて、絶景でしたね。

 

待ち望んだ景色が

目の前にあるわけですから

 

感動しないわけがない。

 

どうしても来たかった場所。

本当に来れて良かった。。

 

 

お城は見て終わりではありません。

もちろん、入城もできます。

 

感動に浸りながら、城内へと移動。

 

残念ながら城内は

撮影NGなので

 

城内の様子は

お届けできませんが

 

ぼくだけは

楽しませていただきます。

 

キレイな城内には

またまた感動ですよ。

 

唯一写真が撮れた場所が外の様子

 

外の景色もキレイですよね。

 

城内から橋の様子。

 

こうやって見ると

凄い場所に橋があるなと。。

 

 

余談ですが

 

城内を回っていると

一緒のツアー参加者が

 

ツアー客
あの人、お笑い芸人の〇〇ですよね?

 

と話しかけてきてくれたのです。

 

さすがにテレビを見ないぼくでも

知っている芸能人の方で

 

何だか偶然すぎて

笑えてきましたwww

 

全く同じタイミングで

城内のツアーに参加していたわけですから。

 

プライベートで来ているようでしたね。

 

うちの奥様(タレント活動をしているので)に話してみると

 

奥様
何回も一緒に仕事したことあるよ

奥様
凄く良い人だった

 

まさか、そんな繋がりがあったとは。

 

話しかけてみても

面白かったかもしれませんね。

 

 

ノイシュバンシュタイン城の感動に

浸りながら一人で昼食。

 

せっかく、ドイツにきたので

 

定番だけどソーセージを食べてみようと。

 

カリカリで美味しい!

 

食後にコーヒーを飲みながら

ゆっくり優雅な時間を過ごしていたのです。

 

ノイシュバンシュタイン城の余韻に浸っていると

 

・・・

 

遠くから

 

 

ツアー客
横井さーん!!!!

 

 

とぼくを呼ぶ声が聞こえてくるのです。

 

優雅すぎて幻聴が・・・。。

 

 

しかし、何度も聞こえてくるので

確かにぼくも呼んでいる。

 

「ドイツで声をかけられるなんて
おれも有名になったもんだ」

 

と、妄想も広がる…笑

 

さっき、芸能人に

会ったばかりだったのでwww

 

 

もちろん、そんなわけはなく。。

 

 

ツアー客
集合時間ですよ!!!

 

 

叫んでいる女性は

何を言っているんだと

 

まだ時計を見ると

集合時間まで1時間も早いぜ。

 

・・・

 

・・・

 

待て待て!!!

 

 

この時計、1時間遅れているよ。。。

 

 

女性は待ち合わせ時間になっても来ないぼくも

探して呼びに来てくれたのです。

 

すぐ店を出て

集合のバスまでダッシュですよね。

 

もちろんバスには全員集合して

ぼくも待っている状態。

 

わぁぁぁ…。

本当に申し訳ない。。

 

ガイドさんからも

「置いて行くとこでしたよ。。」

 

ですよね。。泣

 

次の予定を詰まっているし

待っているわけにもいかないですから。

 

 

初っ端から、猛反省ですよ。

 

 

海外では時間には

気をつけましょうね。。

 

反省しながら

バスに揺られていきます。

 

 

ヴィースの巡礼教会

ノイシュバンシュタイン城を出発したバスは

 

次の目的地、世界遺産の

ヴィースの巡礼教会を目指します

 

 

日本ではあまり知られていないかな?

 

ぼくもノイシュバンシュタイン城がメインで

ついでのツアーだったので

 

あまり期待もせずに行ったのですが

 

野原にポツンと建っていて

素晴らしい風景でしたね。

 

入ってみると

 

教会の中がとにかくキレイ!

 

天井の絵画も凄い!!

 

めちゃくちゃ感動した教会でした!

 

穴場のスポットでしたね。

 

何でもっと

日本でメジャーにならないのかな。。

 

リンダーホーフ城

そして今回のツアーの最後は

リンダーホーフ城へ。

 

ここも知らなかったのですが

 

ノイシュバンシュタイン城を作った王様が

作ったお城で、唯一完成したお城のようです。

 

いかにも王様が好きそうな

金ピカの内装

 

目が痛くなるわwww

 

お庭がキレイで

 

時間が来ると高くまで

噴水が上がっていましたね。

 

 

遅刻の反省を活かして

バスには一番乗りで戻ってきます。。

 

 

さてさて、みんなで仲良く

ミュンヘンに戻っていきます。

 

この日はけっこう歩いたので

さすがに疲れましたね。

 

帰りのバスは爆睡で

帰路へとつきましたとさzzz

 

 

市内観光

ミュンヘン3日目は市内観光

 

と言っても

 

ミュンヘン市内には

目立った観光スポットはないし

 

あいにくの雨

 

街中をぶらぶら

 

ドイツ名物のシュニッツェルを食べたり

 

写真からだと

大きさわかるかな?

 

シュニッツェルとは

薄く伸ばしたカツレツのようなもので

 

ジャガイモとセットで食べます。

 

食べ切りはしましたが

さすがに、この後は何も食べられなかったですね。。

 

 

天候はしょうがないですが

ノイシュバンシュタイン城も

 

雨だと霧が凄くて

全く見えないようなので

 

昨日、行けて良かったなと。

 

旅行に行くと

天候に恵まれるのですよね。

 

↑晴れ男!!!

 

 

ゆっくりと過ごすはずが・・・

 

 

地下鉄でトラブル発生!?

 

 

この日は軽く観光をして

早めの帰宅を考えていました。

 

地下鉄に乗り込み

帰りのホテルを目指して、出発を待っています。

 

その時、急にアナウンスが流れ

 

ドタバタと乗っていた乗客が

慌てて動き出したのです。

 

英語も聞き取れないぼくには

 

ドイツ語のアナウンスなど

聞き取れるわけもなく

 

車内で立ち往生

 

何かが起こったことだけはわかった。

 

全員が降りたのかと思ったら

乗って来る人もいる

 

電光掲示板には

何かしらのメッセージが。

 

とりあえず電車は

動く気配がないので

 

ぼくも降りることに

 

そのまま、電車は去っていく

ぼくはまたホームで次の電車を待つことに。

 

待てど待てど次の電車は来ず

 

他のホームへ行く者

ぼくと同じように電車を待つ者

 

訳がわからない状態ですよね。。

 

ぼくは、たまたまドイツ在住の友人と

連絡を取っていたので

 

現状を報告

 

返信からは

 

友人
完全に止まっているので、他の交通手段を使いましょう!

 

とのこと。

 

結局、他の手段を使ってホテルへ

帰ることができました。

 

友人曰く

 

友人
よくあるとのこと

 

ドイツの電車はよく止まるそうです。。

 

そんなこと考えもしないですからね。

早速、ドイツの洗礼を受けました。

 

時刻通りに来る日本の交通機関は

やっぱりすごいよね。。

 

ミュンヘンも満喫し

次の目的地、ケルンを目指し北上します。

 

 

フランクフルト

ミュンヘンからケルンへと

直通電車もあったのですが

 

フランフルト乗り換えの

ケルン行きの電車しかなかったので

 

乗り換えの電車を予約。

 

まずはフランクフルトを

目指したのです。

 

フランクフルトはハブ空港として

 

ヨーロッパでの国へ行く時に乗り換えとして

利用したことがある程度。

 

フランクフルトから雪で飛行機が飛ばずに

空港に寝泊まりした苦い経験も。。

 

フランクフルトは有名な都市ですので

 

今回の旅でも候補に入っていたが

観光地らしいところもなかったので

 

今回はパス。

 

まぁ、せっかくなので乗り換えでフランクフルトに

寄れるのもいいかなと。

 

 

が、ここでまた。。。

 

 

ミュンヘンからフランクフルトまでの

電車に乗り

 

無事にフランクフルトに到着、

 

乗り換えをするために

ホームを移動

 

ケルン行きの電車が来るまでは

ホームで待機です。

 

・・・

 

しかし、発着時間になっても

ケルン行きの電車は現れず

 

不安がよぎる。。

 

予想通り、発着時間になっても

電車がこない

 

どうなってんだ。。

 

電光掲示板をにらめっこしていると

 

読めないドイツ語の中で

cancelの文字が流れてくる

 

 

またか!!!!!!

 

 

ケルン行きの電車はキャンセルされている

ようだった。

 

嘆いていてもしょうがないので

インフォメーションに行って

 

チケットを見せて

 

タクミ
GO to ケルン!!!

 

と訴える。

きっと伝わっているはずw

 

駅員さんはハイハイと慣れた感じで

新しいチケットを印刷してくれました。

 

そのチケットには

 

フランクフルト ー ケルン

 

と書かれている文字を見て

ホッと一安心。

 

発車時刻までは

時間があったが

 

観光するほどの時間もないので

駅の周りをブラブラと。

 

(時間にはシビアになっている)

 

思いがけないプレゼント

とりあえず、駅にいてもしょうがないので

外に出てみることに。

 

駅の方を振り返ってみたら

 

何とも、オシャレな駅がじゃないかと!

 

こんなキレイな駅を見れただけでも嬉しかったな。

 

ヨーロッパは駅もキレイだから

楽しみですよね。

 

電車がキャンセルになったのは

 

「駅を見て来い!」

ってことにしておこう!

 

自分がポジティブで良かった^^笑

 

フランクフルトには

またゆっくりこようかなと。

 

 

ケルン

やっとの思いで、ケルンに到着。

色々な意味が遠かったな。。

 

ケルンを目指した理由はただ一つ

世界遺産のケルン大聖堂

 

ケルン大聖堂

駅を出て少し歩くと

そこには、あのケルン大聖堂が見えてきます。

 

橋の向こうからの姿も

圧巻でしたね。

 

 

おぉぉ。。

首が疲れるwww

 

近づくと大きさが凄い!

 

無料で入れるので

もちろん入場

 

当然ながら、天井が高いよね。

 

まさに大聖堂!!!

 

 

そして、ケルン大聖堂に繋がる橋には

大量の鍵が。

 

世界中によくある

恋人同士が鍵をするやつね!

 

で、閉めた鍵を川に投げるんだろw

 

ふん!

一人旅のぼくには関係ないな^^;

 

 

ケルン大聖堂はライトアップもチェック。

 

暗くなるまでは

旅の途中で入手した情報で

 

白いソーセージを食べてみたり

 

よくわからないジュースを飲んだりと

時間を潰していました。

 

ドイツ語で書かれたメニューは

読めないので、適当に注文。

 

何が出て来るかのお楽しみ!

 

ハズレもあるけど

これも楽しみの一つかなと。

 

段々と夜が近づいてきました。

展望台に登って、暗くなるのを待機。

 

夏のヨーロッパの日の入りは遅いので

21時でも明るいですからね。

 

そして

 

ケルン大聖堂の

ライトアップを鑑賞。

 

雰囲気が出ていて素敵でした。

 

ここも絶対に来たい場所だったから

本当に来れて良かったな。

 

 

まとめ

ドイツの目的でもあった

 

ノイシュバンシュタイン城とケルン大聖堂を

見ることができて、大満足。

 

ご飯も美味しかったし!

 

ドイツは電車は思い通りには来ないし

海外の厳しさを教えてくれました。

 

そして、時間には気をつけようと

改めて、思わされたね。

 

旅は思い通りに行かないことも多くて

凹みそうになることも多いけど

 

そんな暇もないし

 

全ては経験と思って

楽しむしかない。

 

旅はまだまだ続くのだから。

 

そして、この旅はオランダへと向かいます!

ヨーロッパ縦断、5カ国10都市の旅【オランダ編】

2019年9月26日

終わりに

「何から始めていいのかわからない。。」

まずは無料動画で
起業の勉強から始めてみましょう。

独学で起業して行き詰まったぼくが
学ぶことによって、飛躍した話を記事にしています。

詳しくは下記の漫画をクリック↓

↑詳しくはコチラからどうぞ↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です