嫌われるのが怖い!?覚悟を決めて自由に向かおう!!

こんにちは、横井です!

 

誰だって、嫌われるは怖いですよね。

僕だって嫌われたいとは思いません。。

 

みんなから愛されたいですし、人気者にもなりたいですよね。

 

でもね、起業しようと思ったらみんなに好かれる必要は全くないのです。

というか、みんなに好かれていたらダメなのです。

 

積極的に嫌われてください。

 

自由になることもそうですよ。

 

そもそも、あなたが自由を目指しているのに、今のままでいいと思っている友達とは話が合うわけがありません。

 

合わなくなってきたら、自由に向かっている証拠なのです。

 

あなたが心から発言したら、価値観の合わない人が出てくるのは当然のこと。

価値観なんて一人一人が違うわけですから。

 

みんなに喜んでもらえそうな無難なことを発言したとしても、「あ〜良いこと言っているよね」「聞いたことある言葉だな」、所詮は良い人で終わってしまうのです。

 

決して、あなたに共感することはないのです。

 

あなたが自由になるためには、嫌われる覚悟が必要なのです。

その代わり、熱狂的なあなたのファンが現れるはずですから!

 

 

なぜ、嫌われたくないのか??

人には承認欲求がありますので、認められたい生き物なのです。

僕もそう、あなたもそうなのです。

 

嫌われる → 認められていない → 価値がない。

 

人は他人の評価を気にしますので、価値がないとは思われなくないのです。

嫌われることは、本能的に望まないのです。

 

やっぱり、親や友達に嫌われたら悲しいですよね。。

 

あなたを評価するのが周りだけでしたら、嫌われたくはないでしょう。

他に評価をする人がいなくなるわけですから。

 

周りに嫌われたら、世界中の人に嫌われていると同じですからね。

 

自由を目指すと嫌われる

自由を目指したら、最初は理解されないと思います。

「何を言い出したんだ。。」「やめとけ!!」ってね。

 

僕は19歳の時に自由を目指しました。

自由になるなら周りと一緒ではダメだ、自分は違う道を歩むと決めたのです。

 

当時は大学生だったのですが、自由を目指す思いが強くなればなるほど、周りの友達とは疎遠になっていきました。

 

学校でも一人でいるような感じで、きっと浮いていたと思います。

 

「横井も付き合い悪くなったよなぁ」

そんな言葉も言われていました。

 

おかげさまで、今では大学時代の友達は一人もいません^^;

 

寂しいと思いますか?

 

僕は、自由を目指した

同級生は、安定を目指した

 

当然、価値観が合わなくなりますよね?

自分が合わせてまで、一緒にいる必要はないのです。

 

あなたが自由を目指すのなら、自分の周りだけの評価を気にしてはいけないのです。

 

「自由になりたい!」と言っても周りは反対するでしょうが、それは世の中の評価ではありません。

必ず共感してくれる人は現れます。

 

少なくとも僕は共感しますし、応援します。

 

自由を目指していない人には、嫌われているぐらいが丁度いいのです。

 

もちろん全てを断ち切れと言うつもりはなく、自由を目指さなくてもあなたの価値観に共感してくれる人はいます。

そういう人は、あなたの生きる道に対して、反対することはないと思いますよ。

 

横井の店も嫌われている!?

僕の店の年齢層は「20代〜30代の独身男性」というターゲットを設定しています。

 

おかげさまで、女性のお客さんはほとんどいません(泣)

女性だけで来ると、違和感を感じるのでしょうね。

 

別に女子会プランがあったり、女子ウケしそうな内装でもないですし。

美味しい料理も、オシャレなカクテルもありません。

 

僕が女性だったとしても、話題になるような店ではないと思っています。

 

一度来て、二度と来ないお客さんも多いですよ。

店を嫌いな人も多いのかなと思います。

 

でもね、それで良いと思っています。

 

僕の店は、女子をターゲットにいしているわけではないので。

 

ぶっちゃけ、女子は来なくていいぐらいに思っています。

 

別に女子が嫌いなわけではないですよ。

奥様もちゃんといるし(笑)

 

もちろん、女性のお客さんが来てもちゃんと対応しますよ。(←当たり前だろw)

 

ビジネスとして考えた時に、誰に喜んでもらえるのかを考えているのです。

 

女子が来ない代わりに、毎日来る男性のお客さんもいますし、男性の団体客も多いのです。

店としては、それで十分に成り立つわけなのです。

 

これがもし、女子ウケのメニューや内装にしていたら、女性のお客さんは増えるかもしれまえせん。

男性も来るかもしれませんが、熱狂的なファンは生まれていないと思います。

 

それこそ、誰をターゲットにしているかわからないような無難な店になってしまいます。

実際、そういう店が多いのが現実です。

 

確かに料理も美味しいし、お酒も豊富で悪い点は見当たらない。

 

でも、そんなお店はいくらでもあるので、そこの店に行く必要はないのです。

だって、他の店でも代わりがきくわけですからね。

 

お客さんに対しても、嫌われる覚悟で正直にいようと思っています。

 

自分の価値観の合わないお客さんには「来なくていい!」とも言います。

言われて来なくなるようでしたら、来なくてもいいと思います。

 

もちろん理不尽に言うことはありませんし、スジを通して伝えます。

 

お客さんで来ていて、そんなこと言われたら来なくなりますよね。。

それでも、ちゃんと共感してくれますし、更にファンになってくれるものなのです。

 

「タクミさんの毒舌がいい!」って、お客さんも多いのです^^;

毒舌なつもりはないのですが、嫌われる覚悟で、言わなければいけないことを言っているだけなのです。

 

それが店を守るためでもありますしね。

 

成功している人は嫌われている!?

ホリエモンさんや与沢翼さんなんか、めちゃくちゃ嫌われていますよね。

 

動画などのコメント欄を見ても、今だに「詐欺だ」「やらせだ」と批判の嵐。

アンチが沢山いるのです。

 

しかし、批判的な意見が多いですが、その分共感の声もめちゃくちゃ多いのです。

 

僕も動画や音声を聞いたりしていますが、「えっ、こんな事まで言っちゃうの!?」というぐらいズバズバ発言しています。

 

中には嫌悪感を抱くような人もいるでしょうし、聞きたくない人もいると思います。

 

僕は「凄く正直で人間っぽいな」と、いつも感心させられていますが。

 

やっぱり、思っていても言えない人の方が多いですから。

そこを言えちゃうから、ファンも多いのでしょうね。

 

言える自信と実績があるから、言えることなのかとは思いますが。

いや、言っているからこと自信と実績が付いてきているのでしょうね。

 

現在でも、表舞台で出て活動できているわけですから需要があるわけですよね。

世の中において、支持されている証拠なのです。

 

まぁ、本人達は批判の声やアンチなどそんなことをイチイチ気にもしていないでしょうけどね^^:

 

まとめ

「嫌われる勇気」という本が流行ったぐらいですから、世の中的にも嫌われる覚悟が必要になって来ているのかな。

 

そもそも、日本が海外から見ても保守的で自己主張が弱かったりしますから。

米国の言い成りと言われたりだったり、アジアからも脅威に立たされいるのも、嫌われたくない思いで良い顔しているからなのでしょうね。

 

あなたは嫌われる事は怖いかもしれませんが、恐れず自分らしく生きていきましょう!

 

大丈夫、思っている以上に嫌われませんから^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です