【金なし】【経験なし】【人脈なし】のド素人の店が10年続いた3つの理由

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

こんにちは、タクミです!

 

店をオープンさせた時の僕は

 

 

・金なし

・経験なし

・人脈なし

 

 

三拍子が揃ったへっぽこ経営者。

 

もちろん、経営やマーケティングのことなど

一切わかりません。

 

ただ

 

売上−経費=利益

 

「売上を上げて、経費を抑えればいいんだ」

そんな計算ができるぐらいの知識でした^^;

 

 

飲食店が10年続く確率は

10%も無いと言われています。

 

確かに、ぼくの店の周りも

 

10年間でほとんどの店が

入れ替わっているのです。

 

 

閉店の理由は、それぞれだと思いますが

残っていないのは確か。

 

 

ぼくは当時

 

そんな数字すら

意識しなかったですけど。

 

 

知っていたら

 

店は開いていなかったのかもしれないな…。

 

 

だって、成功率10%ですよ?

怖いじゃないですか。。

 

 

では、ぼくの店がなぜ10年も続いたのでしょう?

 

続いた3つの理由をお伝えしていきますね。

 

 

無かったものリスト

お金なし

手持ちの資金もないので

 

内装も友達や知り合いの業者に手伝ってもらい

格安で店を作りました。

 

居抜き物件だったので

 

備品も揃っていたことは

ラッキーなことでした。

 

オープンしたものの

 

資金もなかったので

一刻も早く黒字を出す必要があったのです。

 

 

経験なし

飲食経験もブラック企業に勤めた程度で

ほとんどありません。

 

店のドリンクメニューも

ぼくが作れるものしかありません。

 

と言っても、難しいメニューは一つもなく

 

カシスオレンジ(カシス+オレンジ)

カンパリグレープ(カンパリ+グレープ)

カルーアミルク(カルーア+牛乳)

 

など、誰でも作れるものばかり。

 

もちろん、腕のあるバーテンダーさんが作ったり

 

材料に拘れば

味も違ってくるでしょうが。

 

高級店に行くと

 

カシスオレンジ一つにしても

生のオレンジジュースを使ったり

 

氷が解けないように混ぜる(←素人っぽい)

らしいですからね

 

 

ぼくはオープンから1週間ぐらいで

お酒は諦めました。

 

くぅーちゃん
はやっ!!!!

 

最初は本を読んだり勉強したのですけどね。

 

それから、10年間は

一切お酒の勉強をしていないのです。

 

ほとんど飲んでもいません。

(オサケ、キライ・・・)

 

 

人脈なし

当時、地元の静岡に帰って来たばかりでしたので

学生時代の友達とも疎遠でした。

 

静岡での社会経験もなかったので

人脈と言えるものはありません。。

 

普通、飲食店をオープンさせる際には

 

どこかの店で何年か修行して

お客さんがついたら独立する。

 

そうすることによって

 

オープン時からある程度の

お客さんがいるわけなのです。

 

 

ぼくにはお客さんがいなかったので

オープンと同時に誰もきませんでした。

 

そもそも

 

タクミ
お店をオープンさせたので、来てください!

 

そんな事を

伝える人もいなかったのです。

 

当時は人脈を作ってから

オープンしようなども考えず

 

とにかく自分で店を始めたかったのですよね。

 

今思うと、行動力があったのか

無謀だったのか。。

 

それぐらいの勢いがなければ

始めてなかったですけどね。

 

勢いも大事ということで。。

 

 

なぜ10年、続いてきたのか?

ないものばかりでしたが

 

10年続いたのには

3つの理由があります。

 

 

圧倒的な行動量

店をオープンさせて1年は

365日、無休で働きました。

 

「休んでいる場合ではない」

そう思っていたのと

 

何より無我夢中になっていて

店を楽しんでいたのです。

 

当然、友達と遊んでいる時間もないし

家族との時間も疎かにしていました。

 

沢山ケンカもしましたが

理解のある家族や仲間だったので

 

何よりも最優先で

 

お店のことを考えて

行動をしていたのです。

 

 

・Facebookで友達5000人を作る

当時、流行り出したFacebookも

 

いち早く導入して

活用していました

 

今では一般的になっていましたが

 

当時はほとんど利用者

がいなかったですからね。

 

使っている友達もいませんでしたし

 

「静岡」で検索しても

数人しかいなかったのです。

 

その中で

 

「Facebookで友達を作れば
自分の名前と顔を覚えてもらえる」

 

単純にそう思い

 

友達申請を送りまくっていたのです。

 

今もあるのかわかりませんが

 

当時は謹慎という一定期間

友達リクエストが送れなくなるという制限にも

引っかかりました。

 

 

今思うと、謹慎って恥ずかしかったな。。

 

それぐらいに友達リクエストを送って

友達を増やしていったのです。

 

おかげさまで

 

上限の5000人に到達し

沢山の人に

 

 

ぼくの顔と名前=店

 

 

存在を知ってもらうことができたのです。

 

 

狭い静岡ですので

 

歩いていれば

 

「タクミさんですよね?facebookで繋がっています」

と声をかけられることもあり

 

知名度を上げることができたのです。

 

Facebookで繋がって店に来てくれたり

今でも仲良くさせていただいている人もいるので

 

振り返ると

あの時にやり込んで良かったなと。

 

 

・ビラ配り

Facebookと平行して

ビラ配りもかなりの枚数を配りました。

 

「1ヶ月で1000枚を見込み客に配る」

 

目標にして

行動していた月もあります。

 

ただ配るのではなく

 

うまい棒のカゴを持ちながら

ビラと一緒に渡したり

 

とにかく目立つことを考えて

ビラ配りをしていました。

 

配ることと同時に

Facebookに投稿しながら

 

ビラ配りをイベント化して

店の存在をアピーしていたのです。

 

 

Facebookも見て

ビラをもらいに来てくれる

 

お客さんもいましたね。

 

自ら取りに来てくれるって

面白いですよね(笑)

 

ビラ配りの姿を投稿して

話題にしてくれたり

 

拡散の協力もしてくれました。

 

 

多分、ビラ配りに対してここまで考えて

活用していた店はないと思いますよwww

 

 

それぐらいビラ配りも

集中して行動しましたね。

 

 

コミュニケーションスキル

ぼくが一つだけ自信があったのが

コミュニケーションでした。

 

  • お酒も作れない
  • 店もオシャレではない
  • 立地も悪い
  • 経験もない
  • 人脈もない

 

この不利の状況の中で

自分が勝負するとした

 

お客さんとのコミュニケーション(接客)しか
なかったのです。

 

全てできるようになるのは

不可能ですし

 

時間がなかったので

他のことは全部捨てて

 

できることだけに特化したのです。

 

 

元々、母親の影響もあって

人当たりもよかったと思いますが

 

友達同士で仲良くなるわけではなく

 

対お客さんでありましたし

職種や性別、誰とでの仲良くなる必要がありました。

 

そうなるために

コミュニケーションスキルを徹底的に磨いたのです。

 

本やセミナーで知識を勉強、

心理学なども学びましたね。

 

学んだことを

現場で実践する。

 

このサイクルを繰り返し

コミュニケーションスキルを高めていったのです。

 

このスキルを活かして

 

店に来てくれたお客さんとは

すぐに仲良くなりました。

 

仲良くなると

また遊びに来てくれるのですよね。

 

友達に会いに来ていく感覚かな。

 

ぼくのことを可愛がってくれる

年配の方も多かったのです

 

頑張っている若者が好きな方もいますので。

 

応援してくれる形で店に何度も来てくれたのです。

 

 

コミュニケーションは

 

接客だけではなく

普段から活かせるスキルなので

 

今の自分にも活きています。

 

 

差別化

美味しい居酒屋や

オシャレなBARは

 

いくらでもありますから

 

同じような店を作っても

経験や資本力には勝てません。

 

だったら

 

他の店がやっていないこと

他の店ができないこと

 

をやっていくしかなかったのです。

 

昔から

 

「人と違ったことをやる」

「同じことはやりたくない」

意識はありました。

 

捻くれているのでしょうね^^;

 

ぼくの店は消去法でもあり

金なし、人脈なし、経験なしのように

 

 

「ないもの」が多過ぎるので

あるものでやるしかなかったのです

 

  • お酒が作れないなら、酒ではなく雰囲気や接客を売る
  • お金がないから、お金をかけずに店を作る
  • 人脈がないから、紹介してもらう

 

そのように、店を作っていったのです。

 

「タクミさんの店はどんな店ですか?」

そんな質問が一番困る。。

 

居酒屋でもないし

BARでもないような。

 

あるサイト店が掲載されていたのですが

カテゴリーは「その他」となっていました(笑)
 

くぅーちゃん
なんじゃそりゃ!!!!

 

 

来店する目的

遊びに来るだけなのです。

 

ぼくの店にお酒を飲みに来る人はいません。

お酒には、大した価値はないと思っています。

 

では、お客さんは

 

何に対して

お金を払っているのかと言いますと

 

 

体験にお金を払ってくれているだけなのです。

 

 

美味しい酒や

オシャレな店内を求めて来るお客さんには

 

他の店に案内します。

 

静岡にも美味しくて

オシャレな店は沢山ありますからね。

 

無理にぼくの店で飲んでもらう必要は

全くないのです。

 

お客さんが求めているモノを提供する。

それがお客さんのためでもありますからね。

 

他の店と差別化ができれば

お客さんは離れません。

 

 

だって、他に変わりの店がないのです。

 

 

近くに店ができても問題ありません。

客層が違うのですから。

 

 

そのようなことから

 

ぼくの店には

リピートのお客さんが非常に多いのです。

 

もちろん、新規のお客さんにも

来ていただけるような仕組みは作っていますが。

 

上記のように

 

新規のお客さんとの

コミュニケーションは得意ですので

 

またリピートになっていただいてと

集客のサイクルを繰り返していくのです。

 

 

まとめ

店やビジネスを続けるコツは

 

「お客さんに必要とされ続けること」

これにつきると思います。

 

これは店だけではなく

「人」もそうなのです。

 

 

あなたが周りから必要とされる人になればいいのです。

 

 

あなたがお客さんなら

どんな店を残したいですか?

 

必要がなくなれば

世の中から淘汰されるだけ。

 

これからの時代は人に負けるのではなく

ITに負けないようにしなければなりません!

 

これからのライバルは強敵ですからね。。

 

 

新しく始めようと思った場合

最初から全部が揃っているわけがありません。

 

揃えようと思ったら

一生かかります。

 

揃ってから始めようと思ったら

一生始まりませんからね。。

 

ないならないで

本当に必要なものは何かを見極めて

 

一点集中で伸ばし

行動するしかありません。

 

それがあなただけのオリジナルになりますので

差別化にも繋がるのです。

 

行動が全ての始まりです!

【自由に生きたい】そう思ったら、まずはこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です