本当の安定とは!?起業家と公務員、安定するのはどっち??

こんにちは、横井です!

 

結論から言わせてもらえば、起業家も公務員もどちらも安定はしません。

 

あなたにとって、安定とはなんでしょう?

 

なぜ安定が必要なのですか?

一生、不安定のままでもいいのでしょうか??

 

そりゃ、僕もいつかは安定が欲しいと思いますよ。

ずっと不安定で、刺激的なのもきっと疲れますから。

 

しかし、それは叶わぬ夢。

 

そもそも、安定などはこの世に存在しないのです。

 

それでは、「安定しているもの」って何でしょうかね?

 

「国ですか?」

日本だって、不安定ですよね。世界では破綻している国もあります。

 

「銀行ですか?」

潰れている地方銀行も沢山あります。

 

「家ですか?」

いつか必ず壊れます。

 

「家族ですか?」

いつか死にます。

 

「お金ですか?」

世界はキャッスレス化が進んでいます。

現金に価値はなくなるかもしれません。

 

形あるものいつか壊れるように、この世に一生安定しているものなど無いのです。

 

みんな「安定」という幻を追いかけているのです。

そもそも、安定を求めること自体が間違っているのです。

 

安定していると思ってずっと待っていても、必ず崩れます。

 

世の中が安定していると思えた時は、何もしなくても良かったのです。

黙っていれば、国や会社が最後まで面倒を見てくれたのですから。

 

今は不安定な時代ですよね。

だからこそ、あなたは動き続ける必要があるのです。

 

起業家の安定

起業家はずっとチャレンジし続けなければなりません。

 

企業や商品、人にだってライフサイクルというものがあります。

 

導入期 → 成長期 → 成熟期 → 衰退期

 

このように、一生続くものは存在しません。

 

ですので、ビジネスにおいて、起業家は必ず業態を変えてまた起業をする時がきます。

 

衰退している産業にいつまでいても、稼ぎ続けることはできませんので。

 

僕の店も10年続いていますが、一生続くとは思っていません。

 

テナントビルが無くなるかもしれない。

お酒が売れなくなるかもしれない。

人がいなり、需要がなくなるかもしれない。

スタッフがいなくなるかもしれない

 

これから何があるかは、誰にもわかりません。

 

 

店は既に成熟期には入っています。

 

これから、成長期ように売上が伸びることはないでしょうし、店の売上には限界を感じています。

ですので、僕はブログ・インターネットビジネスへと移行しているのです。

 

決して、既存のビジネスを辞めて、新しいことをする必要はないのです。

今のビジネスを続けながら、新しいビジネスを始めればいいのですから。

 

新しいビジネスを立ち上げる力がついてくれば、どんな不安定な状況でも富を生み出すことできるのです。

 

このような力をつけて、生き延びていくことが不安定な時代を生きている術だと思っています。

 

公務員の安定

日本の安定と言えば、公務員でしょう。

 

しかし、本当に公務員は安定なのでしょう?

今では、クビもなく終身雇用制度があるようですが、それは一生を保証されいるものなのか?

 

もし、公務員制度がなくなったらどうします?

そうなればリストラだってありえますから。

 

ずっと、安定と思われるぬるま湯に浸かっている人は、予期せぬ出来事には対応できません。

 

国や県も助けてくれませんからね。周りを心配している余裕がなくなるのですから。

 

日本だって、ここ10年で大きく変わってきています。

これから、10年・20年で更に変わる可能性は十分にありますよね?変わらない可能性の方が低いでしょう。

 

人口知能が発達したら、真っ先に公務員の仕事は要らなくなりますよ。

誰でもできる仕事だったら、人工知能にお願いすればいいのですから。

 

あなたは、あなたにしかできない仕事をしていますか?

 

サラリーマンの安定

サラリーマンだったら、公務員より自由がきいて、まだ自分のやりたいことが実現できる。

公務員になれないから、一般企業に就職。

欲を言えば、安定している(安定していそうな)大企業。

 

そんな理由で就職先を決める人も多いようです。

あなたの一生を「安定」を基準に決めてしまうのですよ。

 

安定する保証もないのに。。

 

近年では、大企業だって倒産や経営破綻していますよね?

せっかく、「これで人生安定だ!」って、入社したのに。

 

そりゃ、自分も親もびっくりでしょうね。

 

上記のライフサイクルでも紹介したように、昔だったら大企業も成長期で伸びていたのです。

 

当時はバブルなども経験して稼げたでしょうし、そのまま成熟期に入り企業も安定していたでしょう。

 

しかし、今ではほとんどの大企業が衰退期に入っていますよね。

潰れそうな会社でも国の延命措置により、倒産させない会社もあります。

 

大企業や一般企業だって、いつ倒産してもおかしくはないのです。

そんな時が来てもいいように、準備をしておかなけらばならにのです。

 

まとめ

どう生きたって安定はしないのですから、あなたの生きたいように自由に生きるべき。

 

あなたが自由に生きるために、起業家、公務員、サラリーマン、フリーターなど手段を選べばいいのです。

 

どれだけ自動で収入が入ってくるような仕組みを作っても、それ自体は安定ではありません。

本当の安定があるとしたら、その仕組みをいつでも作り出せることができる能力なのです。

 

あなたには、どんな状態に陥ったとしても、またやり直せる力を身につけてほしいなと思います。

 

どれだけ将来に不安を感じても、将来のことなんて誰にもわかりません。

そんなことを考ていてもしょうがないので、今、目の前にあることに全力で取り組むしかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です