ネットワークビジネスは権利収入にならない、いつまでも労働収入だった過去の話

こんにちは、横井です!

 

久しぶりに友人からの電話と言えば?

 

まぁ、怪しいですよね?

大体はろくな話ではない。

 

「久しぶりにお前の声が聴きたくなった」そんなこと、ありますかい。

コワイわ。。

 

どうせ、ネットワークビジネスか宗教への誘いでしょう。

 

「最近ビジネスを始めたんだけど、お前も聞いてみない?」

「一緒に成功しない?今度セミナーあるから、聞くだけ聞いてみてよ」

 

あなたも一度は、アムウェイニュースキンの話を聞いたこともあるでしょう?

 

日本人は、ネットワークビジネスに怪しいイメージを持っている人も多いですよね。

 

今だにネズミ講なんて、言っている人もいるわけですから。。

 

あなたのネットワークビジネスに対するイメージはどうですか?

 

実は、僕はネットワークビジネスで権利収入不労所得のような稼ぎ方を学んだのです。

 

しかし権利収入どころか、いつまで経っても労働収入の日々。

 

ネットワークビジネスは権利収入にならないし、過酷な労働収入とい

う話をしてみたいと思います。

 

ネットワークビジネスとの出会い

モデルを始めた頃、人脈が大事だと出会いに夢中になっていました。

 

人脈作りに励んでいると、BARで30代の男性と会う機会があったのです。

 

話の流れで連絡交換を。

 

どうせいつもの社交辞令。

連絡はないなと思っていました。

 

それから、数日後のこと。

「タクミ、この間はありがと。今度お茶でも行こうよ」と、連絡があったのです。

 

嬉しかったというより、なんで一回りも上の男性から連絡があるのだと・・・驚きました。

 

「女子だったら、まだしも…( ̄ー ̄)」

当時、調子にのっていた若者だったのですいません。。(汗)

 

「まさか、この人はゲ◯なんじゃ・・・」

(まだネットワークビジネスなど知らなかったので)

 

まぁ、せっかくのお誘いだったので会ってみることに。

 

「権利収入って知ってる?」

 

それが、僕と権利収入との出会いだったのです。

 

アムウェイの日々

システムが働いてくれて、勝手に収入が発生する。

まさに、「これで自由になれる!」そう思っていたのです。

 

それから、僕は権利収入の魅力に取り憑かれたのです。

 

当時、権利収入を取るには

 

・アーティストなどの印税(才能)

・不動産(土地)

・ビジネスオーナー(お金)

・ネットワークビジネス

 

だと教わった。

 

才能も土地などの資産、まとまったお金もない人は、ネットワークビジネスしかない、そう教育されていたのだ。

 

僕が権利収入(自由)を得るならネットワークビジネスを頑張るしかなかったのです。
そのネットワークビジネスこそ、アムウェイだったのです。

他のネットワークビジネスを知るのは、その後のこと。

 

その時は、ネットワークビジネス=アムウェイ

 

知識も経験もないが、素直だった(単純だった)!?僕は、トップの話を真剣に聴き、益々アムウェイにハマっていったのです。

 

得意の行動力で、友達に片っ端からアムウェイの話をしまくっていたのです。

「いつか権利収入になる」「自由になる」そう疑わずに。

 

まだ大学生だったので、収入はもらうことができなかった。

しかし、卒業と同時に収入になるようにと、組織作りを始めていたのでした。

 

ほとんどの友人が

 

「うさんくせぇ」「お前、騙されるしょ」「ネズミ講始めたの?」

批判的な言葉ばかりだった。

 

「ふん?これが権利収入になるとも知らずに」「理解できない奴は放っておこう!」そう小馬鹿にしながら、普及活動を続けたのです。

 

成功できないことを知る

頑張っても頑張っても、僕のグループは増えなかったのです。。

どれだけの人に断られたのだろうか。。

 

今思えば、当然ですよね?

 

僕が紹介していたのは、周りの大学生。

大学生が、毎月9000円のサプリメントを取りますか?って話ですよ。

 

ビジネスに興味もないでしょう。

将来に不安など考えず、まだまだ遊んでいるわけですし。

 

僕はモデルをしていたので、美容や健康への意識は高かった。

化粧品やサプリメントも毎月、当然のように取っていたのです。

 

出費は大きかったですが「自分が買っていないのに、人に勧められないだろ?」そんなトップの話も信じていたのです。

 

言っていることは、ごもっとも。

 

しかし、いつからかビジネスのために商品を取り続けることに、違和感を覚えてきたのです。

 

そして、僕はいつまでも洗剤を売り続けるのだろう。

これでは、いつまで経っても労働収入じゃないかと。。

 

アムウェイの組織を見ていると、稼いでいる人もいる。

実際、権利収入のように毎月勝手に収入が発生している人も沢山いる。

 

世の中で一番成功者を出している企業

 

これもウソではなさそうだ。

 

しかし、僕は成功できないと確信した。

 

当時、アムウェイも日本に上陸して30年。

 

成功している人達はみんな、この頃から取り組んでいた人達だったのです。

 

商品や企業にもライフサイクルがあるように、アムウェイはとっくに成熟期に入っていたのでした。

 

僕は結局、組織を作れずそのまま大学の卒業を迎えた。

そして、ブラック企業へと入社していったのです。

 

その頃にはアムウェイからも離れ、権利収入を考える余裕も無くなっていったのです。

 

まとめ

ネットワークビジネスでは、権利収入や成功哲学を学ばせてもらった。

この時期がなければ、今の自分はいないと思います。

 

本当に誘ってくれたことには、感謝している。

そして、当時はビジネスチャンスだと思って取り組んで、本当に良かったです。

 

やってみなければ何もわからなかったので。

 

しかし、ビジネスとしては魅力を感じなくなってしまった。

インターネットが普及した今、権利収入を取る術は他にもあるからだ。

 

これからの時代、ネットワークビジネスではなく、ネットビジネスを推奨します。

 

ネットワークビジネスにかける情熱でブログ書けば、必ず成功しますよ。

 

あっ、ネットワークビジネスとネットビジネスが混ざっちゃっている人も多いから、勘違いしないように^^:

 

 

現在、20代前半の子達がアムウェイを頑張っている姿を見つける。

 

僕は「懐かしいな。。」と思いながら、静観しています。

ただ、とてもビジネスと言えるような行動ではなく、サークルの延長のような気がする。

 

会社も製品も素晴らしいのに、教育がなっていない。

非常に残念に思います。

 

当時の僕が周りから言われても気づかなかったように、今の若い子達に何を言っても伝わらないと思う。

 

きっと、そのうち自分で気付く時が来るまでは。

 

現状に不満を持っていて、未来を変えたい。

そう思ってチャレンジしていることは素晴らしいことですよ。

 

もし、ネットワークビジネスに限界を感じても、人生に限界を感じてほしくないですね。

 

いつまでも諦めずに自由を目指してほしい。

いつ手段は変えても良いのだから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です