逃げ道がある内は本気になれない。人が覚悟を決める瞬間とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうこれしかない。

やらなければ後はない。

 

人は退路を絶った時に覚悟が決まるのです。

 

逃げ道がある時には、まだまだ本気になれないのです。

もし、上手くいかなかったらなったら別の道に行けばいいのですから。

 

僕が飲食店をオープンさせた時も、逃げ道がなかったのです。
サラリーマンの様に勤めていれば給料が貰えるわけでもない、安定した収入もない、会社も守ってくれない。

 

何がなんでもやるしかなかったのです。
やらなければ自分が路頭に迷うわけですから。

 

「おれはこれで稼ぐ」

やると決めれば、本気で売上を上げる方法を考え、行動するのです。

莫大な資金があるわけでもない。限られた時間しかないので、早く軌道に乗せないといけないのです。

 

集中しますよね。

 

もし、上手くいかなかったら・・・。
考えただけでもゾッとします。。

 

そんな思いで始めた飲食店も7年続いているわけですから、本気で行動すれば何とかなるのです。

 

あなたはなぜ稼ぎたいのですか?
もし、稼げなかったらこれからどうなるのか??

 

強くイメージしてください。

 

「稼げなくても、今まで通りの人生を歩んで行けるよ」

これでは本気になりません。

 

もし、悲惨な人生が待っているとしたら

 

・・・

 

これはできない、無理かもしれない、そんなことは言ってられないですよね。

 

あなたももうやるしかないですよね?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る