これ、知らなかったでしょ?あなたは何レベル??


コミュニケーションとは、4段階のレベルに分かれるのです。

 

レベル!?

 

友達とのコミュニケーション。
お客さんとのコミュニケーション。

 

・・・

 

実は全てレベル分けされるのです。

それでは、一つ一つ紹介していきますね。

 

 

聞きたくない(耳には入った)

あの人の話は聞きたくない。
その手の話は聞きたくない。

 

もう論外ですよね。
話しを聞きたくないのですから、話しになりませんよね。

 

 

話はわかった(脳には届いた)

あ~なるほど、なるほど。

あの人の言っていることはわかります。

 

友達同士の会話で多いのかな。

 

 

感動した(心に響いた)

すげぇ~良い話を聞いた!
ありがとうございます!!

感謝されるレベルですね。

 

ここまでどうでしょう?

 

「感動を与えるビジネスだー!」「お客さんを感動させろ」

そんなことも言われますよね。
ここまでで十分かと思いますが…実はまだなのです。

次のレベルが必要なのです・・・

 

 

動きたくなった(腑に落ちた)

話しを聞いて動きたくなった!
誰かに伝えたくなった!

 

相手を動かすコミュニケーションこそ、超一流なのです。

 

例えば、どれだけ感動する広告でも、商品を買ってくれなかったり、口コミが起こらなかったら、意味がないですよね。。

 

行動を促さないとならないのです。

 

接客業をしていると、お客さんとのレベルがあります。

 

「また来たくなる」
「友達に伝えたくなる」

 

そのレベルのコミュニケーションを求められるのです。

 

「今日は良い接客ができた!」
「喜んでもらえたぞ」

 

そう思っても、二度と来店がない。
これでは単なる自己満足ですよね。

 

動いていただけなければ、何の意味もないのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

それでは、このレベルを決めるものとは一体何でしょう?

 

どんな話かより、誰からの話かで決まるのです。

つまりはあなた次第なのです。

 

同じ内容の話でも、あの人の話は聞きたくないけど、あいつの話なら試してみようかなと、なるのです。

 

 

 

 

ここでももうレベル分けはされていますよ。

あなたにとって、横井の話しは・・・

 

 

・もう聞きたくない。
・まぁ、言っていることはわかった。

 

・凄く良いこと言っているな。

 

・実践してみたくなった。

 

 

どうでしょう??

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る