あっ、困ったなぁ・・・では遅い!


「お客さんがお酒をこぼしてしまった。」

どうしよう?どうしよう??

 

事が起こってしまってから、アタフタしても遅いのです。

 

時間があるなら、ゆっくり解決すればいい。

 

でもね、現場では困っていてもしょうがない。
なんとかしないとなりませんよね。

 

困ってから解決では時間がかかるので、困らないようにするのです。

 

どうすれば困らないようになるのか?

 

 

事前にシミレーションをするのです。

 

 

お客さんがドリンクをこぼしていないのに、「もし、こぼしたらどうしよう?」を想像するの。

起きていないことに対して、どうするかを考えるのは難しいかもしれません。

これは慣れもあるでしょう。

 

どれだけ考えても「こうなる」とは限らないので、「こうなるかも?」を考えるのです。

 

経験から反応できることもあるけど、経験がないうちは先に想定しておけば大丈夫なのです。

 

そうすれば、事が起きた時に、「おっ、きたきたこのパターンだ」、「この時はこうね!」と、焦らずにこなせてしまいます。

 

こっちが悪くなくても、色々と事は起きるので常に想定しておきましょう。

 

もし、帰り道にブタが寝ていたら、あなたはどうします??(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る