3つの「S」で口コミを仕掛ける


口コミって

 

「勝手に起こるものでしょ?」

「美味しいもの作っていれば、お客さんが喋ってくれるよ」

 

大間違えですからね。。

口コミは起こさせるものなのです。

 

そもそも、人はどういう時に人に話そうとするのか?

 

・ストーリー

・サプライズ

・スペシャル

 

この3つのどれかが起こった時に友達に話してしまうのです。

(無意識で話しているのですが)

 

今でしたら、口コミもネット上で起こるので、SNSに投稿したくなるのです!

 

 

ストーリー

人は昔からストーリーに弱いですよね?

文章の書き方によっても違うので、上手く書かなければいけませんが。

(文章を書くコツはまたの機会にして)

 

私にストーリーはないです。。

いえいえ、絶対にそんなことはなくて、ただ振り返っていないだけ。

 

例えば、お店の誕生秘話。
普段、語られることはないですよね?

 

お店を始める前に思っていたこと、お店を始めてからのころ、今に至るまで・・・楽しいこと、苦労したこと、色々とあったわけですよ。
それを語ってしまうのです。

お客さんは自分の好きなお店のことは知りたいですし、きっと共感してくれるはずです。

 

そして、人をストーリーを信じるのです!

 

 

サプライズ

嬉しいですよね!
思いがけないことをされると、人は喜んでしまうのです。

 

「お店に行ったら、こんなサプライズがあって・・・」

 

きっとあなたのお店を忘れることはなくなるでしょうし、された側は、する側になりたくなるのです。

 

もちろん、わかっていること、想像できることをされても、嬉しいですよ。

でも、驚きはないですよね。

 

だって、予想できていたことなのですから。
そこには感動は生まれないのです。

 

良い意味で裏切られた時に、人は誰かに話たくなるのです!

 

 

スペシャル

「他の人たちとあなたは全く違うのです」

 

と、思わせましょう。
誰でも特別感は味わいたいものですから。

 

コツは

 

「あなただけですよ感を出すこと」

 

サービスによっては、一人一人に違うサービスを提供するのは難しいかもしれません。
お客さんも頭がいいので、このサービスを他の人にもしているかも?と思うかもしれませんが、わかっていても嬉しいものなのです。

 

お客さんをヒーローにしてあげるのです。

 

その人の誕生日など狙い目では?
歳を重ねてくると、昔程お祝いもされなくなってきますから、どこかで寂しい気持ちになっている方もいるはずです。

 

そこで、あなたがお祝いしてあげるのです。

 

だってあなたにお祝いされるとは思ってないでしょ?

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

つまりは、誰かに喋りたくさせればいいのです。
口コミは待つのではなく、こちらから仕掛けていきましょう!

実は口コミだけでなく、リピートにも繋がってきますからね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る